RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

コロナワクチンを接種した妊婦の産んだ子供たちが生後48〜72時間以内に肺出血で次々と死亡 死産・流産も多発

, …

ある産婦人科で働く医療従事者の証言により、コロナワクチン接種をした妊婦の生んだ赤ちゃんが、生後48〜72時間以内に、次々と肺出血を起こして死亡していることが明らかになりました。

病院側の調査により、赤ちゃんを亡くした母親たち全員が、妊娠中か授乳中にコロナワクチンを接種していたことが判明したとのことです。

過去の記事でも述べましたが、こうした事例は既にいくつも報告されており、多くの赤ちゃんがワクチンの犠牲になっています。

○【VAERSの報告書より】ファイザー製コロナワクチンを接種した母親から母乳を飲んだ乳児が、高熱を伴う動脈の炎症・血栓により死亡

○【進む人口削減】コロナワクチン接種により、次々と胎児が死亡 子宮の激痛や不正出血に苦しむ女性も

また、この日本でもワクチン接種した妊婦たちが流産や死産し、次々と子供を失っていることが分かっていますが、厚労省は依然として妊婦たちにワクチン接種を強く勧めています。

このように公表されいないだけで、実はコロナワクチンによって多くの幼い命たちが失われています。

生まれてくる子供たちの命を守るためにも、妊娠している人たちは絶対的にワクチンを接種していけません。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment