RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【進む人口削減】コロナワクチン接種により、次々と胎児が死亡 子宮の激痛や不正出血に苦しむ女性も

コロナワクチンは、人口削減のために作られた殺戮兵器であることを過去の記事で何度も述べてきましたが、現在ワクチン接種が原因で、お腹の中の胎児までも次々と死亡していることが分かりました。

海外では、妊婦に対するコロナワクチン接種が推奨されており、その結果、多くの女性が子供を失っています。

https://twitter.com/marilena1005/status/1400380012646129669?s=20

すでに日本でも、妊婦がコロナワクチンを接種した後に、胎児が死亡する事例が発生しています。

しかし、このように国内外で胎児たちが次々とワクチンの被害に遭っているにもかかわらず、NHKは未だに妊婦に接種を勧めるような報道をして、母子ともども殺害しようとしています。

○コロナのワクチン 妊娠中は打つべき?接種を受けた日本人女性は

そもそも、コロナワクチンは妊娠していない女性にも深刻なダメージを及ぼしており、接種した後に、子宮の激痛や不正出血に苦しめられる事例も多発しています。

健康な女性なら、生理のとき以外に出血することはほとんどありませんので、子宮にダメージを及ぼすような毒物がワクチンの中に混入されているとしか考えられません。

しかし、これほどの被害が出ていながらも、政府や医師会は一切ワクチンの危険性を認めようとしませんし、一切の補償もしてくれませんから、政府や医者やマスコミの言うことなどあてにせず、自分自身が正しい知識を身につけた上で、自分と大切な人たちの命と健康を守っていかなければなりません。

○ワクチン接種を利用した人口削減計画が進行中

○【閲覧注意】猛毒コロナワクチンによる凄惨な副作用の症例

○コロナワクチン 国内で接種後20日以内に6名もの死者

○旭川赤十字病院の事務職員、コロナワクチン接種翌日に死亡

○ドイツの老人ホームに特攻隊が乗り込み、ワクチン接種を強要 42人中13人死亡

○【韓国】アストラゼネカ製ワクチン接種後に、20代女性が脳出血・四肢の麻痺

○コロナワクチンによる大量殺戮が実行されているインドの現状

○【アストラ製】コロナワクチンを接種したテコンドーチャンピオン、 細菌感染で足を切断

○【人口削減】アメリカではコロナワクチン接種により1日30人が死亡

○シュタイナー「ウイルスは存在しない」 「ワクチンを打つと、人間は霊的なものを知覚できないロボットと化す」

コメントを書く

*
*
* (公開されません)