RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【閲覧注意】猛毒コロナワクチンによる凄惨な副作用の症例

コロナワクチンが猛毒であり、接種することで重篤な副作用をもたらし、最悪、死を招くほど恐ろしいものだということを、当サイトではこれまで何度も述べてきました。

しかしこの日本では、未だに政府やマスコミがコロナの首謀者である創価学会に忖度し、ワクチンの危険性をきちんと報道しようとしません。

一方で、海外では次々と副反応の被害が報告され、その凄惨な状況が次々と明らかになっています。

○【アストラ製】コロナワクチンを接種したテコンドーチャンピオン、 細菌感染で足を切断

○ファイザー製ワクチンを接種した母親の乳児が死亡

○【韓国】アストラゼネカ製ワクチン接種後に、20代女性が脳出血・四肢の麻痺

今回は、コロナワクチンの危険性を、身をもって伝えてくださっている方たちの写真をご紹介します。

余りの凄惨さに目を疑い、声を失ってしまうことでしょう。

これを見れば、誰一人としてワクチンを打ちたいとは思わなくなるに違いありません。(画像は以下のサイトより転載しています。)

○【説得用】コロナワクチン 肌への副作用

・顔が腫れ上がり、変形してしまった人の例

・足が腫れ上がったり、酷い発疹が出たり、体液が漏れ出してしまっている人の例

・体に広範囲に発疹が出で、皮膚表面がボロボロになってしまっている人の例

・体に磁石がくっつくようになった人の例

・手に発疹が出た人の例

・帯状疱疹が出た人の例

また、直接ワクチンを接種していなくても、摂取した母親の母乳を飲んだ赤ちゃんにも以下のような症状が出ています。

このように皮膚の内側に体液が溜まり、内出血を起こしている場合、体の表面だけでなく、体内にも血栓が多数形成されている可能性があり、それがいつ死のトリガーになってもおかしくありません。

このようにワクチン被害の実態を見ると、ワクチンが殺人兵器であるということがより一層、明確に分かります。

○ワクチン接種を利用した人口削減計画が進行中

このように、政府やマスコミがワクチンの実態をひた隠しにする裏では、多くの人が地獄のような苦しみを受けているのです。

この恐ろしい猛毒を世界中にばら撒いた真犯人は、まさに創価学会であり、出雲族(群馬人脈)の筆頭とも言えるビル・ゲイツです。

彼らは今、猛烈に裁かれていますが、私たちはより一層心一つにして、彼らの滅びを祈る必要に迫られています。

○【エプスタイン】ビル・ゲイツ夫婦の離婚は、少女を虐待し、生贄にする悪魔崇拝が原因だった!!

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By イジラレ部長

    お疲れ様です。
    凄い画像ですね。
    先日、厚労省ワクチン副反応会議がありましたがそのデータをExcelで整理しました。ロットごとのデータです。コミナティのみです。取り上げてもらえれば幸いです。http://blog.livedoor.jp/ususamamyou/archives/44216112.html

  2. >>777
    日本人の障害持った子供で一番衝撃的で悲しかったのはこの子だなファイファー症候群なんてこの子で初めて知ったわ
    この画像自体もブログの日記にあったらしくて親も完全に狂ってる感じだった
    ちなみに海外のグロサイトで二日連続で特集組まれたらしいで
    http://i.imgur.com/vPWQ4OP.jpg

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment