RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

モデルナ製コロナワクチンにはイタイイタイ病の原因となった重金属「カドミウム」が含有 脳神経に悪影響を及ぼすアルミニウムも

, …

ここ最近、モデルナ製コロナワクチンの異物混入事件を機に、酸化グラフェンが含有していることが立証され、ワクチンの危険性がさらに広く認知されるようになりましたが、実はコロナワクチンには、酸化グラフェンだけでなく、イタイイタイ病の原因となった重金属「カドミウム」が多量に含まれていることが明らかになりました。

○【高濃度酸化グラフェン入り】モデルナ・異物混入ロットのワクチン接種を受けた30代男性2人が死亡

○【酸化グラフェンの疑い】モデルナ製コロナワクチンに異物混入、約160万回分の接種を見合わせ 

○【続報】異物混入のモデルナ製コロナワクチンは、輸送時の振動によって酸化グラフェンが凝集した可能性大

以下は、メーカー別のコロナワクチンに、それぞれどのような金属が含まれているかを示した表です。

比較すると、モデルナ製ワクチンにダントツで多くの種類の金属が含有されていることが分かります。

イタイイタイ病は、全身の骨が非常に脆くなり、少しでも体を動かすだけで骨折し、その痛みに耐えかねた患者が「イタイイタイ」と声を上げることから名付けられた病気です。

カドミウムの危険性は、日本ではもう既に立証済みですが、それでもなおワクチンにカドミウムを混入したということは、明らかに悪意があってのことだと言わざるを得ません。

さらに創価企業ファイザーとモデルナのワクチンにはアルミニウムが含まれていますが、アルミニウムは脳神経に悪影響を及ぼし、痴呆症の原因になることが分かっています。

○コロナワクチンを製造販売するファイザーは、創価学会の子会社だった!! 

このようにコロナワクチンは、人間の体内を破壊する毒物でできており、人口削減のために開発されたことは明らかです。

特にモデルナは、ナチスドイツの毒ガスを製造していた「IGファルべン」を前身とした製薬会社ですので、殺人方法に関しては特に長けているわけでしょう。

○コロナワクチンを製造するモデルナ社は、元ナチスのIGファルベン しかも、ソロス、ファウチ、エプスタイン、ビル・ゲイツなど犯罪者集団によって運営されていた

もっとも、モデルナだけでなく、他のどの製薬会社のコロナワクチンにも酸化グラフェンやその他の金属が多量に含まれていますので、どれをとっても大変危険です。

特に金属アレルギーの方は、ショック死する恐れもありますので、絶対にコロナワクチンを接種してはいけません。

○格闘家のぱんちゃん璃奈が、モデルナ・異物混入ワクチン接種後に重度のアナフィラキシーを起こし、麻痺、呼吸困難、顔面の腫れ、湿疹により救急搬送

○水俣病、アスベスト問題、薬害エイズも、コロナと同じ人口削減計画だった

○【コロナの正体】「酸化グラフェン」がコロナの症状とワクチンの副作用を生み出す犯人だった

○【Twitterが酸化グラフェンに関する情報を弾圧 】コロナワクチンの成分の99.99%は酸化グラフェンであり、政府の要請を守れば、酸化グラフェンが体内に蓄積される

○コロナワクチンの主成分「酸化グラフェン」は固形化して体内に蓄積する 動物実験でも危険性が証明済み

○【ワクチンによる大量殺戮の犯人】2015年に日本企業ダイセル(群馬人脈)が、コロナの症状を引き起こす「酸化グラフェン」の特許を出願していた!!

○【警告】コロナワクチン接種者がMRI検査を受けると、酸化グラフェンが体内で暴れ回り、命に関わる危険性があることが判明

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment