RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【コロナの正体】「酸化グラフェン」がコロナの症状とワクチンの副作用を生み出す犯人だった

未だに世界各地でコロナ茶番が続いていますが、コロナの症状を引き起こしているのは「酸化グラフェン」という化学物質であるという説が注目を集めています。

こちらの動画によると、酸化グラフェンは、本来人体にとって有害であるにもかかわらず、使い捨てマスクやPCR検査や抗原検査に用いられる綿棒、全てのコロナワクチンにかなりの量が含まれているそうです。

酸化グラフェンナノ粒子拡大図

この酸化グラフェンナノ粒子は、体内で血栓を作り出す毒性があり、免疫システムが崩壊し、肺に入った場合は、肺炎を引き起こすそうです。

さらに酸化グラフェンナノ粒子を鼻や口から吸い込むと、味覚や嗅覚が失われる恐れがあるらしく、これもコロナの症状と似ています。

コロナワクチンを接種した多くの人たちが体に磁石や金属がくっつくようになったと訴えていますが、これも体内に入った酸化グラフェンナノ粒子が、強い磁気性を持つという特徴があるからです。

ワクチン接種による副作用やコロナの症状は、この酸化グラフェンナノ粒子によって引き起こされており、5Gの電波が普及することで粒子が反応し、多くの人が死亡する危険性があるとも言われています。

したがって、コロナの症状が出たという人は、こうした化学物質が原因で引き起こされている可能性があると考えられるわけです。

感染防止効果が一切ないにもかかわらず、政府がやたらとマスクの着用を強要してきたのも、マスクを通して酸化グラフェンナノ粒子を吸引させるためだったのかも知れません。

また、GACKTや麻生太郎やさゆふらっとなどが、やたらと「コロナはただの風邪」だと主張するのも、この酸化グラフェンナノ粒子の存在を隠すためではないかとも疑われます。

いずれにせよ、政府が私たち庶民に押し付けるものは、大抵私たちにとって害でしかありませんので、マスクなど外して、健康的な生活を取り戻していきましょう。

○ワクチンに含まれる「水銀」は脳を破壊する最強の毒 イルミナティによる人口削減の実態を専門家が暴露

○【女性セブン】コロナワクチンによる死者355名の死因リスト公表

○イギリスでコロナワクチン接種後に失明255名

コメントを書く

*
*
* (公開されません)