RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

イルミナティが人口削減について会議している映像がネット上に流出

イルミナティどもが、どのように人口削減を進めていくかについて会議をしている映像が、ネット上に流出しています。

見ての通り、イルミナティどもが、地上の人口が増えすぎたので、アフリカから人口削減を始めて30億人に死んでもらうと話し合っています。

また、こちらのサイトを見てみますと、世界の要人たちが人口削減について発言した内容がまとめられています。

○人口削減計画の真実 – ビルゲイツなど「優生思想」のインサイダーたちが口を滑らせた証言集

(以下転載)

【フランシス・クリック博士】 

DNA二重螺旋の発見者として有名な英国の科学者フランシス・クリック。1962年ノーベル生理学・医学賞賞を受賞。無神論者。ヒューマニスト。

「人が子供を持つ権利はあるのだろうか? 政府にとって食べ物に何かを添加して、誰も子供ができないようにすることは容易である。」

ーーーーー

【ドナルド・マッカーサー博士】

1969年、国防総省の生物学調査研究責任者ドナルド・マッカーサー博士は、米国議会で予算増額を求め証言した。

その約10年後、NYやサンフランシスコでエイズ患者が発生していたことが、後の研究で判明。

「5年から10年以内に、人に伝染する微生物細菌を作り出すことが可能になるだろう。」

ーーーーー

【リチャード・デイ博士】

1969年、家族計画連盟の代表リチャード・デイ博士が講演。テーマは「未開人のための新秩序」。全ての録音機をストップ、メモを禁じたはずだったが、デュネガンという医師がそのスピーチを記録していた。その内容は次の通り。

  • 世界人口は削減すべき
  • 「家族計画」による大量殺処分
  • 水・食料に有害物を混入
  • 新しい病気の開発
  • ウイルス兵器の放出(人工パンデミック)
  • 集団予防接種キャンペーン
  • 第三次世界大戦の計画
  • 世界政府、世界宗教、世界軍、世界中央銀行、世界通貨について

ーーーーー

【エジンバラ公爵フィリップ殿下】

英国エリザベス女王の王配であるフィリップ殿下はもともと失言で有名ではあった。しかし上記は1988年の著書に記された言葉。

当然ながら出版前に言葉は推敲するものだし、編集者が校正するもの。その上で世間にリリースされた言葉である。フィリップ殿下は2021年4月ご逝去。

生まれ変わったら、死のウイルスになって人口問題を解決させたい。

ーーーーー

【米大統領補佐官 ジョン・P・ホールドレン】

1977年に「エコサイエンス – 人口、資源、環境」という政府教書を提出。

強制的な人口統制とは実に全体主義的だ。しかしホールドレンは後に、自由の国アメリカの大統領補佐官(科学技術担当)としてバラク・オバマ大統領に仕えた。

地球に最適な人口は10億人である。

  • 地球を救うためには強制堕胎、大量断種が不可欠
  • 強制的な妊娠中絶
  • 飲料水と食料に意図的に不妊薬を入れて一般大衆を断種させる
  • 妊娠防止用の体内インプラント埋め込み
  • 政府が新生児没収

ーーーーー

【米国務長官 ヘンリー・キッシンジャー】

1974年、キッシンジャーは国家安全保障会議でまとめた人工削減計画の秘密報告書を、フォード大統領に提出。

発展途上国の人口増加はアメリカの脅威であるとして、表向き産児制限、飢餓、あるいは戦争を用いて削減するという。

また、IMF(国際通貨基金)、世界銀行が発展途上国に融資する条件として、人口削減プログラムの推進をあげている。

世界人口は50%減少する必要がある。

人口削減は 発展途上国に対するアメリカ外交政策の最優先事項であるべきだ。

1974年、キッシンジャーは国家安全保障会議でまとめた人工削減計画の秘密報告書を、フォード大統領に提出。

発展途上国の人口増加はアメリカの脅威であるとして、表向きを産児制限、飢餓、あるいは戦争を用いて削減するという。

また、IMF(国際通貨基金)、世界銀行が発展途上国に融資する条件として、人口削減プログラムの推進をあげている。

ーーーーー

【米国防長官 ウィリアム・コーエン】

コーエンは共和党員でありながら、なぜか民主党クリントン政権で国防長官を歴任した。

研究所の科学者の中にはある特定の人種に関する病原菌を研究している者がいる。その菌を使えば特定のグループなり人種を地球上から抹殺することが可能になる。

ーーーーー

【海洋学者 ジャック・クストー】

深海ドキュメンタリー映画「沈黙の世界」やTV番組シリーズで知られるフランス人海洋学者。美しい映像も多く、日本でもファンが多い。世界銀行コンサルタントにも就任した。

こんなことを口にするのは気が引けるのだが、世界中の人口を安定させる必要がある。それをするためには1日に35万人の人間を消して行かなくてはならない。こんなことは考えることも恐ろしいから、口に出すべきではなかった。

ーーーーー

【CNN創業者 テッド・ターナー】

2009年テッド・ターナーはロックフェラー大学学長邸で開催された超大富豪たちの会合に招待されていた。

参加者はビル・ゲイツ、デイビッド・ロックフェラー 、ジョージ ・ソロス、ウォーレン・バフェットなど錚々たる顔ぶれ。

名もなきこの秘密会合は「Good Club」と呼ばれた。話し合われた内容は、人口抑制のために彼らの資産をいかに有効活用するか。

現在のレベルから95%減少する2億5000万から3億人の総人口が理想的だ。

ーーーーー

【MS創業者 ビル・ゲイツ】

ビル&メリンダ・ゲイツ財団はワクチン普及に熱心なことで知られる。2分40秒あたりからが上記該当箇所。

もし新しいワクチンと医療、出産システムを作り上げれば、人口増加は10%~15%抑えられる。

ーーーーー(転載ここまで)

これだけ著名な人物たちが人口削減について本気で語っている以上、人口削減を単なる“陰謀論”だと片付けて良いはずがありません。

少し前にも、菅首相が記者団の前で「人口が減少してる、そうした効果が出てきてる」と発言したことがありましたが、これもやはり単なる言い間違いなどではなく、彼が普段から考えていることがつい口からポロリと漏れてしまったと考えて間違いありません。

○菅首相 記者会見でうっかり“人口削減計画”の進ちょく状況を語ってしまう

https://twitter.com/LightWarriorK/status/1390143800350109700?s=20

もっとも、彼らの人口削減計画は、今でも一向に上手くいっている気配がありません。

現在のコロナパンデミックも、庶民が早い段階で嘘だと気付いてしまったため、既に頓挫しそうな勢いです。

そもそも、こうした卑劣な大量殺戮を神様が黙って見過ごすはずがありませんし、今、私たちがこうして無事に生きていられるのも、神様が私たちを悪人どもの手から守ってきて下さったからに他なりません。

このまま人口削減計画が延々と頓挫し、イルミナティどもが完全に滅び去るよう、これからも続けて強力にお祈りしなければなりません。

○トヨタもヘンリ・キッシンジャーも李家かつ群馬人脈 庶民を家畜と見なし人口削減する彼らのおぞましき実態

○人口削減のためなら気前がいいバイデン大統領 ファイザー製ワクチン5億回分を寄付

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 記事で触れていたスガーリン前首相は、もう退陣に追い込まれて消えましたが、もう半年になろうとしていますが今もコメントを書く人がおられません。
    そこで、いわずもがなの事ばかりながら、私が秋の夜長に思い出すひとつふたつの問題について書かせてもらおうと思いましたが、やや長くなりそうなので掲載はしなくてもかまいません。

    まあ人口削減計画の一つとして悪名高い「アジェンダ21」(「地球サミット」)が「国連」という錦の御旗を背景にして登場してから足かけ30年になる今年(5~6年前、そこに追加で「アジェンダ30」もしつこく登場しました)、この30年来の「人口削減」やら「サステナビリティ(持続可能性)」を振り回す「原理主義」をふり返ると、いわずもがなの事ばかりなのにムダに長くなってしまうものなのです。(笑)
    私は、こうした人口削減計画とやらの数々は、今も輝く未来に向けた胎動を続ける人類と地球に対する「反動主義」に過ぎないと見ておりますので、これら「持続可能性」原理主義はそれはそれで一つの「テロ活動」に過ぎないとみなしていますが…

    しかし、マス・コミが「持続可能性が~」とあおることで「自由な表現・言論」であるかのように扱われ、テロ活動ではないかと問題にされることがない現代の「文明」の姿勢は、ここでいい加減、見直されるべき秋(時)ですね。
    未来への胎動が勝利するか、それともテロ活動と反動主義が勝利するのか、今はその分岐点を通過しつつある時のように感じておりますが。

    さて今年は、自民党・創価学会公明党の「連立」権力が出現してほぼ1世代たちました(1世代を20年とみるか30年とするか、時代により差あり)。
    かつて小泉純一郎内閣のころまでは、TVでよく見る「エコノミスト」の一人に過ぎなかった竹中平蔵ハカセが、この1世代でいつの間にやら出世し、「パソナ」なる口入れ屋の大元締めとなったばかりか、この1年来はスガーリン(前)首相の公邸に夕刻、招かれて「政治」を指南してしまうまでの大物となりました。
    今や悪評しかないこのタケナカのおかげで、わが国の国民経済もずいぶんさびれてしまいましたが、この9月にあちこち報道が出た通り、「日本円」そのものの購買力平価(実質の為替相場)も1970年代のレベルまで下がってしまったそうです。

    そんなご時勢なので、かつて岩井俊二の「スワロウテイル」が描いた豊かな日本、「昔々、円が世界で最強の力だったころ…」と印象的なナレーションで始まる金満ファンタジーの日本の国(しかし暗く腐敗した日本)は、今は昔の物語となりました。
    とはいえ、昭和末~平成初めの日本の国のような文字通りの拝金文化がそのまま続いていたら日本は良い国のままであっていたかのように言う、昨今の一部のノスタルジー系「論客」たちの主張はまちがっていますがね。

    竹中ハカセのおかげで、日本の円も今では1970年代レベルまで安くなって、別のエコノミスト(野口悠紀雄某教授)が嘆いたりする状態です。
    購買力平価という、日本円の「実力」(実質為替相場とも呼ばれる)の歴史的な低下については、最近いくつかの報道がありましたが、野口センセイが9月に書いた批評は講談社系のウェブ雑誌に出ておりました(https://gendai.ismedia.jp/articles/-/87089?page=3。日本円の力が歴史的にどう変動し下落したか、そのグラフは同記事のURLで直接みれますhttps://gendai.ismcdn.jp/mwimgs/c/7/640m/img_c79c4cf5ac6390c56455d93b8ebfe6eb104619.jpg)

    今も「楽天市場」三木谷某などが時々ぶち上げる「移民労働者の輸入を~」との政策も、こうして日本円の「購買力」が下落したため、実は不可能になって来ている(円はそれほどの魅力はない)…
    野口センセイはそうズバリ指摘していますが、円の力の低下は竹中のおかげだとはいえ、少なくともわが国のエコノミストたちは皆が「共同責任」だったのではないでしょうか。

    今では、新首相のキシブンが「日本型資本主義」を復活させると称してまた有識者の会議を作り、ムダに税金を使っているようです。
    しかし、バブル景気で金満だった昭和末~平成初めのわが国の経済も、今と同じで「サービス残業は当たり前!」という時代でしたね。
    つまり「資本主義」らしからざるウソとズルで作られた経済だったわけで、元々、欧米より「ズル」が多いのが「日本型」の自由経済であったわけです。

    今は「タケナカ主義」経済だか何だか知りませんが、元々ズルが多かったため、日本の経済も他の先進国よりもさらにズッコケたというのが真実ですね。
    キシブンは、それを逆にイデオロギー政策・政治によって経済「再生」ができると信じているようですが、それはあり得ないでしょう。

    経済を議論する時、あまり問題にならないが大切な「パレートの法則」という仮説がありますが、経済社会は8割の怠け者と2割の働き者により上手に成り立っている、というアレです。
    真実かどうかは今も不明ながら、ありそうな話で、私の経験則からすると、この「8割」をこえるほどの「怠け者」がはびこる(働き者が1割しか存在しない)ようになると、経済も政治もすべてカタストロフィ(破たん)してしまうと言ってまちがいないだろうと考えてはおりますが…

    しかし、わが国の経済は、戦前の財閥支配の時代からずっと一部財閥など権力者による「ズル」が顕著でしたでしょう。
    それが改まらないままで、昭和末~平成時代はロスチャイルド一族(と各国の中央銀行のボスたち)の主導で世界的な金融ひきしめというトレンドが続いて来たと言えますから、過去1世代(約30年)の世界経済の中、わが国の「円」だけが弱くなったとしても当然ですね。
    ちなみに、記事中に登場する「人口削減」のあれこれのプランナーたちはと言えば、彼ら彼女らは「8割」の中(のさらに最低の階級)に含まれると私は見ておりますが…(笑)

    まあわが国の経済の「日本型」たるゆえんは、戦前から残ったそうした負の遺産(「ズル」問題)であったわけですから、今のキシブン首相のように、日本型経済を復活させればOKと盲信しているようなリーダーでは意味がありません。
    つまり、キシブン内閣が続いたとしても、日本円が強くなって経済力も高まることなどなさそうです。

    こんな経済危機の中、スガーリンはTVカメラの前で「人口…減少…効果」と口にしてしまい、陰謀論で有名だった「人口削減作戦」が真実だったと暴露して早くも半年になりますね。
    それを報道したマス・メディア各社も、この陰謀論型の暴言を追及しなかったばかりか、野党勢力も追及できておらず、与野党グルで大量殺戮計画を進めているのでは?とネット世論では大問題になっています…

    マス・コミの「権力」を過信しているためそんな高慢な姿勢を皆がとっているのでしょうが、どうも彼らも偏差値が低いようで、人類が誕生して約10万年、人間の「コミュニケーション」は(今の「ネット」同様)「口コミ」が本来であったことを理解できていません。
    まあ、最近バレた「ダッピ」とやらのような自民党系の工作員ツイッターの某社とやらもあり、ネットの口コミを装う「マスコミ」工作員も活動していたそうですが、基本的には画一的な量産型の「マスコミ」情報を流布するだけだから大差なかった。(笑)

    この半年、わが国の首相のスガーリンもやはり「人口削減作戦」という大量殺戮計画の一味だったとの疑惑が深まっているわけですが、「人口削減作戦・計画」という、かれら権力者側の表現を用いることには私は違和感が消えません。
    人口削減、ではなく米国のある学者が作り出した「デモサイド(民衆殺戮)」という用語を使うべき秋(時)だろうと思うからですが、むしろぶっちゃけな「テロリズム」という単語で呼んだ方がはるかにベターだろうと思いますね。

    「デモサイド・民衆殺戮」の定義は、無料百科事典のウィキペディアでも公開され知られておりますが、この1年来わが国のスガーリン(や竹中ハカセ、アトキンソン、前の自民党幹事長ニカイ、アソウ蔵相、大蔵官僚ら、等々)が放言して来た「自助主義」とやらも、「民衆殺戮」のあれこれの定義にピタリと合致しているわけですね。
    つまり、彼ら「政治家」や「官僚」、あるいは一部「財界人」は、今やデモサイドの「犯人グループ」に過ぎない、ということですが。

    ウィキペディア「民衆殺戮」での定義によると、「以下の政府(および政府の許可を得た者)の行為は民衆殺戮とみなされる」とあります。
    そして、「(1) 次の理由による計画的な民衆の殺害あるいは死亡 」が民衆殺戮・デモサイドと説明していますが、今年5月にTV放送されたスガーリンの有名な発言は、「処刑数値目標あるいは徴発目標の達成」という条件にピタリ該当しています…

    その他、昨年秋からスガーリン、アソウその他~大蔵(財務)官僚にいたるまで放言・宣言していた「自助主義」とやらも、デモサイドの定義のひとつ「強制労働あるいは奴隷制度の推進」に該当しそう…
    または、「生存不可能な状況での生活の強制」といった条件にも該当しそうだが、同じページにある「(2) 意図的に、あるいは結果を予期しつつも人命への軽視や怠慢あるいは悪意から引き起こされた人の死」というデモサイドの定義にも該当しますね。
    その条件のひとつとしてあげられている所の、「政府が支援を停止しあるいは結果を知りつつも死者を増加させるように行動した場合の飢饉や伝染病」、という条件は、誰が見てもスガーリン前内閣~キシブン内閣の「政策」にピッタリ…

    まあ、これまで通り「人口削減作戦・計画」と呼べば聞こえが良い(?)だけで、実はスガーリン前首相らは「デモサイド・民衆殺戮」の犯人グループ、と言うしかないわけですね。
    あるいは、旧ソ連のスターリンとその徒党がそう呼ばれるのと同様、単なるテロリストグループ、と言うしかないわけです。

    最近、これまで「延期」されていたジェームズ・ボンド映画「007・ノータイムtoダイ」が解禁(?)になりましたが、今「新コロ」偽ワクチンのために世界中で起きているとされる血栓と似たような血液の映像が出てきて驚きます(テロリストの作ったナノ機械の結果、血液に起きる現象という映像が数秒間、映画では登場)。
    こういう映画だった以上、これまで新作「007」の公開は延期せざるを得なかったのでしょうね。

    記事で触れていますが、英国女王の夫フィリップ殿下は、「生まれ変わったら、死のウイルスになって人口問題を解決させたい」と語っていたエピソードで有名です。
    最近でもWHOで「優生学」についてスピーチしたというキッシンジャー博士(まあ彼も医学部などでなく、政治などが専門のハカセです)がデモサイドの計画を語っていたことは上の通りですが、CNNのターナー会長の「計画」のように、何を根拠に「適正人口」を計算しているのか不明なヨタ話が、こうして認知症のような爺さん婆さんたちからあれこれ出て来るのは迷惑千万です。
    また、フィリップ殿下のようになぜか「伝染病」を起こしたがる、その心理の背景(や「元ネタ」?)も不思議になりますね。(笑)

    彼らは魔王サタン(ルシフェル)をピラミッドの頂点に頂くようなサタン信仰のカルトですが、「善玉」の側にはそう考えて彼らの「人口削減」作戦をむしろ「容認」(?まあ「諦め」か)してしまう向きもありそうです。
    今やしかし、デモサイドはデモサイド、テロリストはテロリスト、とこの際、善の側が自ら姿勢を明らかにして行くべき秋(時)ですね。

    「魔王サタン」(ルシフェル)はあくまで想像上の人格なので(特に仏教徒の私たちには)、この連中はサタンを信仰している集団だと言われてもピンと来ないものがありますが、彼らカルト集団は世界宗教よりも古い異教文化をひそかに信仰している場合が往々にしてあります。
    たとえば、古代エジプト神話に詳しい人は知っているように、かれら「一つ目カルト」がピラミッドの頂点に鎮座させた目は「太陽神ラーの目」という意味もあります。

    古代エジプトの王(ファラオ)は、奴隷を支配する帝王でしたが、ファラオは「太陽神ラーの子孫」とされていました。
    その意味で、ピラミッドの頂点に鎮座する「一つ目」は古代エジプトで奴隷たちを支配するファラオであり、世界宗教が生まれる以前の異教信仰の対象でもありそうです。

    「ホルスの目」を解説するウィキペディアのページから少し引用すると、「ラーは、エジプト神話の太陽神。ラーは自らを崇め敬わない人間を滅ぼすため、自らの片目(右目とも左目とも)を雌ライオンの頭を持つ破壊の女神セクメトに作り変え地上に送り、人間界で殺戮のかぎりを尽くさせた」。
    ラーの娘であるセクメトは、伝染病などで人間を大量殺戮しますが、上の新作「007」にはぐうぜん「数百万人を殺す」ような遺伝子兵器(ナノ機械)が登場しています。
    スガーリン前首相は、今春の訪米後、突然「緊急事態宣言」を利用して「新コロ」偽ワクチンをわが国で広めたわけですが、やって来たことはセクメトと同じ民衆殺戮でしたね。

    007に登場するサフィンもスガーリンも、いずれも大変なテロリストであり、本来なら「特捜検察」がスガーリンを捜査して当然なのですが、まあゴーン事件で「人質司法」がバレてしまい人気ガタ落ちの特捜検察ですから、国民ももう当てにはしていないでしょう。
    しかし、「007」がぐうぜん取り上げた遺伝子兵器と同様の「酸化グラフェン」(これは「合成分子機械」という代物として働くよう)が有名になりましたし、「新コロ」偽ワクチンが今後、今まで通り「放任」されるとは考えにくいですが、「新コロ」偽ワクチンの末路は果たしてどうなりますか…

    太陽神ラーが娘のセクメトに伝染病その他で人類を大量殺戮させた時は、オシリスがラーを心がわりさせたおかげで、セクメトに血のように赤い色のビール・お酒を飲ませることで殺戮作戦を終結させたことになっております。
    それで、私もここはとりあえず最近、流行の赤い液色のビールでも飲みつつ、秋の夜長を過ごそうと思ってはおります。(爆笑)

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment