RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

健康・医療

Category
並べ替え
コロナワクチンに含有する「脂質ナノ粒子」に強い炎症を引き起こす毒性があるとの論文が発表  投与されたマウスは24時間以内に死亡
社会
コロナワクチン(mRNA)に含まれる脂質ナノ粒子の危険性について、かねてより懸念されてきましたが、今回、マウスを用いた実験で非常に強い炎症を起こすことを証明した論文が発表されました。 以下は、その論文を簡潔にまとめているツイートですが、脂質...
ファイザー社CEOのブーラが逮捕 コロナワクチンの治験データ改ざんにより顧客を騙し、政府機関やマスコミに多額の賄賂を支払って情報統制した疑い
国際
ファイザーのアルバート・ブーラ最高経営責任者(CEO)は5日、ニューヨーク郊外の高級住宅地・スカーズデールにある自宅でFBIに複数の詐欺罪で逮捕・起訴され、現在、拘束されていることが明らかになりました。 FBI捜査官は、彼の自宅と国内に所有...
【変異株オミクロン】南アフリカ医師会「症状は極めて軽い」と発表 少し咳が出る、筋肉痛や倦怠感があるなど、風邪の症状と同じ
国際
南アフリカの医師会は、新たに確認されたオミクロン株に感染した場合の症状について述べ、非常に軽症であるにもかかわらず、なぜここまで大きな騒ぎになっているのか分からないと、各国の対応を批判しました。 同医師会によると、オミクロン株に感染後、1日...
上級国民のYOSHIKI、コロナワクチンの追加接種を報告するも「嘘くさい」「どうせプラセボ」など批判殺到
芸能・スポーツ
X JAPANのYOSHIKIが18日、自身のツイッターを更新し、コロナワクチンの追加接種をしたと報告しましたが、「打ったフリではないか」「嘘くさい」「どうせプラセボ」「危険なワクチンを推奨するなどあり得ない」など、猛批判を浴びています。 ...
【湘南ベルマーレ】MFオリベイラ(若干23歳)が「急性うっ血性心不全」で死亡 コロナワクチンの副反応である可能性大
芸能・スポーツ
湘南ベルマーレは24日、ブラジル人MFのオリベイラ(23)が急性うっ血性心不全のため、23日に死去したと発表しました。 クラブによると、オリベイラは23日の練習に現れず、心配して彼の自宅を尋ねたスタッフに、倒れているところを発見されたとのこ...
【ワクチン有害事象報告システム(VAERS)】コロナワクチン接種による胎児の死亡事例が2620件に上ることが判明
社会
コロナワクチンの接種回数の増加に伴い、ワクチン有害事象報告システム(VAERS)に報告された胎児の死亡件数も増加しており、累計で2620件もの報告があったことが判明しました。 この件数は、過去30年間のコロナワクチン以外のワクチン接種による...
FCバイエルンがコロナワクチンの接種を拒否するキミッヒら5人を減給処分 ドイツで接種義務化の動き強まる
芸能・スポーツ
FCバイエルン・ミュンヘン(ドイツのバイエルン州・ミュンヘンを本拠地とするクラブ)が、コロナワクチンを接種していないキミッヒ、ニャブリ、ムシアラ、チュポモティング、キュイザンスの給与を一部減額したと英デーリーメール電子版にて報じられました。...