RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【群馬人脈の終焉】慈善家ビル・ゲイツが、小児性愛者で不倫三昧、自宅で全裸・乱行パーティーを開催していたことが暴かれる

5月3日に27年間の結婚生活に終止符を打って離婚することを発表したビル・ゲイツが、80~90年代前半にかけて米ワシントン州シアトルの自宅で、全裸のプールパーティーを催していたと大手メディアが報じました。

報道によると、ビル・ゲイツはシアトルにある全裸のストリップクラブに頻繁に出かけては、その後、自宅にダンサーらを招待し、プールで全裸になって乱交パーティーを楽しんでいたとのことです。

さらにビル・ゲイツは、約20年前にマイクロソフトの女性社員と不倫関係にあったことが明らかになっており、同社の取締役会が不倫関係は不適切と判断し、ビル・ゲイツの退任を要求していたことも明らかになっています。

○マイクロソフト、ビル・ゲイツの過去の社内不倫を調査

ビル・ゲイツは告発のあった翌年に同社の取締役を退任していますが、やはり彼を退任へと至らしめた最大の要因は、彼の不倫にあったことは間違いありません。

こうしてビル・ゲイツは、淫乱な行為に耽っていたことが大々的に暴かれた上、エプスタインと共に少女買春や人身売買を行っていたことも明らかになっており、もはや慈善事業家としての信用は地に落ちたも同然となりました。

【少女の性的虐待】ゲイツ夫妻の離婚原因は、ビル・ゲイツとエプスタインの蜜月関係にあった!!

その上、ビル・ゲイツはコロナパンデミックをでっち上げ、ワクチンをばら撒き、庶民を殺戮してきた凶悪殺人犯であることも世界中の人々の知るところとなり、先日6月29日にはイギリスのロンドンで、ビル・ゲイツの逮捕を求める大規模なデモまで開催されました。

https://twitter.com/yasu_boy/status/1410002232464998400?s=20

今や世界一のお金持ちであるビル・ゲイツは、同時に世界一嫌われ者となってしまったわけです。

こうして世界的な慈善家を名乗る一人の男が、この地上で最も悪事を働いてきた極悪人であることを神様がはっきりと暴き、裁いて下さいました。

この勢いに乗って、私たちはこれからも続けて、ビル・ゲイツと彼を生み出した群馬人脈の滅びをより一層強力に祈り求めなければなりません。

○ビル・ゲイツの別荘は、JAL123便事故を起こした犯人たち(九鬼家、青山家、李家)の悪魔崇拝施設だった!!

○アメリカで最大の農地を所有するビル・ゲイツ ワクチンのみならず、遺伝子組み換え作物による人口削減を計画

○コロナワクチンを製造するモデルナ社は、元ナチスのIGファルベン しかも、ソロス、ファウチ、エプスタイン、ビル・ゲイツなど犯罪者集団によって運営されていた

○ビル・ゲイツこそアメリカの幼児誘拐・人身売買の首謀者だった!!

○【悪魔崇拝施設】東京から軽井沢のビル・ゲイツの別荘まで続く“地下通路”が存在していた!!

○【エプスタイン】ビル・ゲイツ夫婦の離婚は、少女を虐待し、生贄にする悪魔崇拝が原因だった!!

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment