RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【悪魔崇拝施設】東京から軽井沢のビル・ゲイツの別荘まで続く“地下通路”が存在していた!!

軽井沢にあるビル・ゲイツの別荘では、夜な夜な群馬人脈などの悪魔崇拝者たちが集まり、残酷な生贄儀式を行っていことがRAPT理論によって暴かれました。

そして今回、この別荘から皇居まで続く“地下通路”が存在することが新たに判明しました。

こちらの対談動画では、ビル・ゲイツの別荘には別の場所に通じる地下通路が敷かれており、そこから関係者が出入りしたり、生贄にする子供を運んだりしている可能性があることを指摘しています。

○ビル・ゲイツの別荘がついに完成 悪魔崇拝の拠点か

○軽井沢の「ビル・ゲイツの別荘」は悪魔崇拝のための宗教施設である可能性大。

○【エプスタイン】ビル・ゲイツ夫婦の離婚は、少女を虐待し、生贄にする悪魔崇拝が原因だった!!

実際、以下の地図をご覧いただきますと、皇居から松代大本営(皆神山)を結ぶ一直線上に、ビル・ゲイツの別荘があることが分かります。

皆神山にある「松代大本営」とは、戦時中に帝国陸軍によって掘られた地下壕で、第二次世界大戦の末期、日本軍が本土決戦の最後の拠点として、極秘のうちに、皇居や大本営、政府各省等をこの地に移すという計画が進められていました。

この建設には、当時の金額で1億円とも2億円ともいわれる巨費が投じられ、また、労働者として多くの朝鮮人や日本人が強制動員されたと言われています。

「松代大本営」は以下の画像のように、網の目のような地下通路が張り巡らされていますが、公開されているのはほんの一部で、今でも謎の多い場所となっています。

また、皆神山は、超古代に建造された人工ピラミッドだったのではないかとも言われており、大本教の出口王仁三郎も“聖山”として重要視していました。

王仁三郎は「信濃の国松代町の郊外にある皆神山は尊い神山であつて、地質学上世界の山脈十字形をなせる地であり、世界の中心地点である。四囲は山が十重二十重にとりかこんで、綾部、亀岡の地勢と些(すこ)しも違はぬ蓮華台である」と書き綴っています。

つまり「松代大本営」も、悪魔崇拝施設だった可能性が高いのです。

ビル・ゲイツは、日本軍の残した地下トンネルを再利用するために、わざわざ軽井沢に別荘を建てたに違いありません。

あるいは、以前から(それこそ古代から)その地下トンネルで悪魔崇拝を行っていたため、同じ場所に改めて立派な悪魔崇拝施設を建てたとも考えられます。

東京には、地下鉄という形で複雑に地下道が張り巡らされているため、秘密の地下トンネルが東京から松代大本営まで掘られていたとしても、何ら不思議ではありません。

RAPT理論では、悪魔崇拝者たちが日光の当たらない地下を好み、人目を避けながら、こそこそと悪魔崇拝を行なってきたということが既に暴かれています。

政治家などの上級国民は、常にマスコミから監視されていますから、彼らにとって人目を避ける地下空間はなくてはならないものです。

しかも、そういう場所でなければ、残虐な生贄儀式を行うことは到底できません。

つい先日、少女虐待で有名なエプスタインとビル・ゲイツの間に深い交流があったと報じられましたが、彼らの隠された秘密がこうして次々と暴かれています。

これからも続けて、ビル・ゲイツとその周りに群がる群馬人脈どもの滅びを強力にお祈りし、これ以上、悪魔崇拝という気違い沙汰がこの世に蔓延することがないようにしなければなりません。

○日本各地に悪魔崇拝のための秘密の地下施設が点在している可能性について

○東京の地下鉄の怪。JR中央線の怪。JR武蔵境駅の怪。全ては悪魔崇拝に繋がっているのではないか。

○RAPTブログ 東京の地下に眠る秘密施設。その構造についての幾つかの考察。

○JAL123便の墜落現場の地下に世界最大級の発電所が作られているという現実。まさに悪魔崇拝の拠点でしょう。

○RAPTブログ JAL123便墜落事故で死亡した520人は、出雲族の神「国常立尊」を蘇らせるために殺害された可能性大。

○RAPTブログ ビル・ゲイツが巨万の富を得たのは、JAL123便が墜落したお陰である。

○ RAPTブログ JAL123便墜落事故の真実を「墓場まで持っていく」と言った中曽根康弘こそ、JAL123便撃墜の首謀者ではないのか。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment