RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

ビル・ゲイツこそアメリカの幼児誘拐・人身売買の首謀者だった!!

ビル・ゲイツと小児性愛者のエプスタインが非常に親密な関係にあったことを、過去の記事で述べましたが、彼らは単にクライアントとホストという関係ではなく、グルになって児童誘拐、人身売買を首謀していたことが判明しました。

昨年、エプスタインのパートナーだった「ギレーヌ・マクスウェル」が人身売買のかどで逮捕されましたが、彼女とビル・ゲイツも深い関係があったことが分かっています。

(ギレーヌ・マクスウェル)

先ず、「ギレーヌ・マクスウェル」の父は、イギリスのメディア王「ロバート・マクスウェル」ですが、彼は人身売買を行っていた「マザー・テレサ」に対して、多額の出資をしていました。

つまり、マクスウェル一家は親子揃って、人身売買ビジネスに手を染めていたというわけです。

また、「マザー・テレサ」の子は、米国国立アレルギー感染症研究所所長の「アンソニー・ファウチ博士」だと言われていますが、ファウチは先日、中絶した胎児を用いて残虐な実験を行っていたことが明らかになり、大きな問題となりました。

○【アメリカ】コロナ茶番を煽ってきたファウチ博士、中絶した胎児を使った残酷な実験を行っていた

しかもファウチは、ビル・ゲイツと手を組んでコロナ茶番をでっち上げ、ワクチンによって多くの人々を虐殺してきた確信犯の一人でもあります。

一方、ビル・ゲイツの父親は、「プランドペアレントフッド(家族計画連盟)」の理事に就任していたそうですが、同組織では、中絶された胎児から内臓などを取り出して、不正に売買していたことが明らかになっています。

○米大統領、家族計画連盟への助成打ち切り含む暫定予算案は拒否

さらに、ビル・ゲイツの母は「メアリー・マクスウェル」と言って、その旧姓が「ギレーヌ・マクスウェル」「ロバート・マクスウェル」と同じであることから、彼らと血縁関係にあるのではないかとも疑われています。

そしてギレーヌ親子はユダヤ人であり、ビル・ゲイツもまたユダヤ人です。

つまり、世界で幼児誘拐をし、悪魔崇拝儀式を行って子供たちをサタンに生贄として捧げてきたのは、やはり紛れもなくユダヤ人だったということです。

しかも、ギレーヌ・マクスウェルは、1996年に起こった「ジョンベネ殺害事件」にも関与していたのではないかとも指摘されています。

幼児誘拐や人身売買と聞くと、何か得体の知れない巨大な組織が主導しているというイメージがありますが、中心的に関わっている人物はほんの一握りで、その僅かな人物たちがコロナ茶番を引き起こし、大規模な人口削減計画を実行しているというわけです。

RAPT理論では、出雲族(群馬人脈=創価学会=ユダヤ人)こそが、JAL123便墜落事故や地下鉄サリン事件などの凶悪犯罪を首謀してきた犯人だったと解明されていますが、この構図はアメリカにもそのまま当てはまります。

そもそも、ビル・ゲイツは群馬人脈の筆頭でもありますから、アメリカの幼児誘拐や人身売買も、日本と同じように群馬人脈(創価学会)が主導している可能性が非常に高いと言えます。

○アメリカは異常なまでの誘拐大国。年間80万人の行方不明児童たち。

○急増する幼児誘拐と創価=ベネッセの個人情報流出との明らかな関連性が見えてきました。核心は「日本ユニセフ」です。

実際アメリカでは、ディズニーランドが幼児誘拐の温床となっていると言われており、ディズニーもやはり創価学会とズブズブでした。

○コロナで「ディズニーストア」が次々閉店 ディズニーランドは群馬人脈によって作られた!!

このように、世界中で悪事を働き庶民を苦しめてきたのは、ユダヤ人であり、群馬人脈なのです。

悪なるユダヤ人が全て滅び去り、これ以上、彼らの凶悪犯罪によって危害を受ける人が出てくることがないよう、強力にお祈りしなければなりません。

○【悪魔崇拝施設】東京から軽井沢のビル・ゲイツの別荘まで続く“地下通路”が存在していた!!

○ビル・ゲイツの別荘がついに完成 悪魔崇拝の拠点か

○軽井沢の「ビル・ゲイツの別荘」は悪魔崇拝のための宗教施設である可能性大。

○【エプスタイン】ビル・ゲイツ夫婦の離婚は、少女を虐待し、生贄にする悪魔崇拝が原因だった!!

○日本各地に悪魔崇拝のための秘密の地下施設が点在している可能性について

○東京の地下鉄の怪。JR中央線の怪。JR武蔵境駅の怪。全ては悪魔崇拝に繋がっているのではないか。

○RAPTブログ 東京の地下に眠る秘密施設。その構造についての幾つかの考察。

○JAL123便の墜落現場の地下に世界最大級の発電所が作られているという現実。まさに悪魔崇拝の拠点でしょう。

○RAPTブログ JAL123便墜落事故で死亡した520人は、出雲族の神「国常立尊」を蘇らせるために殺害された可能性大。

○RAPTブログ ビル・ゲイツが巨万の富を得たのは、JAL123便が墜落したお陰である。

○ RAPTブログ JAL123便墜落事故の真実を「墓場まで持っていく」と言った中曽根康弘こそ、JAL123便撃墜の首謀者ではないのか。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)