RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

ビル・ゲイツの別荘は、JAL123便事故を起こした犯人たち(九鬼家、青山家、李家)の悪魔崇拝施設だった!!

今回、久しぶりに「KAWATAとNANAのRAPT理論」のYouTubeチャンネルに、新しい動画をアップしました。

YouTubeの方では、心配してくださるコメントや、動画の更新を楽しみにしてくださっている方からのコメントがたくさん届いており、全て読ませていただいております。

いつも応援してくださり、本当にありがとうございます!!

実は、まだご存知ない方もいらっしゃるかと思いますが、YouTubeで動画を更新していなかった間、RAPTさんのInstagramの方にいくつも対談動画をアップしてきました。

というのも、私たちがコロナが嘘だという動画をアップしたとたん、創価企業のGoogleによる言論弾圧や嫌がらせが日に日に激しくなっていったからです。

それでも根気強く情報発信を続けていく中で、RAPT理論を通して、この世の隠された秘密がさらに暴かれていきました。

今回のYouTube動画では、RAPTさん、NANAさん、そして私たちのメンバーに新たに加わったエリカさんの3人で対談をしています。

今回の対談は、以下の記事をもとに、新たに解明された事実を踏まえて、ビル・ゲイツの別荘の謎、JAL123便墜落事故の真相やその実行犯である創価学会、出雲族の正体について分かりやすくお話しています。

〇ビル・ゲイツの別荘がついに完成 悪魔崇拝の拠点か

RAPT理論では、イルミナティの中に李家や出雲族、秦氏など様々な勢力がいることが暴かれていますが、この日本でJAL123便墜落事故などの大量殺戮やテロを起こしてきた犯人が、李家、九鬼家、青山家などの出雲族、そしてその下部組織である創価学会であることが分かってきました。

そして今回お話している内容は、現在世界を混乱させているコロナパンデミックにも通じています。

今回の動画を最後まで視聴していただくと、世界の混乱を生み出しているのも、この日本で凶悪犯罪やテロを起こしてきたのも、全て同じ一族であることがお分かりいただけるかと思います。

この世の闇を暴くRAPT理論、さらに進化しています!

今後は、YouTubeでも続々と対談動画をアップしていきたいと思いますので、今後とも応援よろしくお願いいたします。

【今回お話した内容は、以下のRAPTブログの記事にも基づいてお話しています。】

○RAPTブログ JAL123便墜落事故で死亡した520人は、出雲族の神「国常立尊」を蘇らせるために殺害された可能性大。

○RAPTブログ ビル・ゲイツが巨万の富を得たのは、JAL123便が墜落したお陰である。

○ RAPTブログ JAL123便墜落事故の真実を「墓場まで持っていく」と言った中曽根康弘こそ、JAL123便撃墜の首謀者ではないのか。

また、過去のInstagramでも、今回の動画に関連した情報をいくつもお話していますので、ぜひこちらもご覧になってみてください。

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. RAPT理論+αますます日本の闇の真相解明、お見事です力が湧いてきます。
    “JAL123便事故を起こした犯人たちの悪魔崇拝施設!!”
    削除されるかなと思い早速、拝見しました。
    だれも解けなかった詐欺もシンプルに面白く(本当は底冷えの恐怖なのに)解説されているのには、偉大な力が働いているようですね。

    以下次回の続き
    WHOは広告代理店ヒル+ノールトン・ストラジー社と契約している。
    1990年イラクがクウェートに侵攻したときに、マイラという15才の少女が地元の人達を虐待しているとの証言をうけて世論がうごいた。

    出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』
    ナイラ証言とは、イラクによるクウェート侵攻の後、「ナイラ」を名乗る少女が行った証言。

    イラク軍兵士がクウェートにおいて、新生児を死に至らしめていると涙ながらに述べたこの証言により、国際的に反イラク感情とイラクへの批判が高まり、湾岸戦争の引き金ともなった。しかし後に「ナイラ」なる女性は存在せず、クウェート政府の意を受けた反イラク扇動キャンペーンの一環であったことが判明し、今ではプロパガンダの一例としてしばし採り上げられる。

    「ナイラ」なる女性(当時15歳)が1990年10月10日に非政府組織トム・ラントス人権委員会(英語版)にて行った。イラクによるクウェート侵攻後、「イラク軍兵士がクウェートの病院から保育器に入った新生児を取り出して放置し、死に至らしめた」、その経緯を涙ながらに語った事で知られる。国際的な反イラク感情とイラクへの批判が高まって、無関係に近かったアメリカを中心にイラクへの攻撃支持世論が喚起されることとなる
    転記おわり——–

    しかし、その証言はフェイクであり、ナイラはアメリカ在中のクエイト大使の娘で米軍が軍事介入するやらせだったということが判明した。PR企業の演出でした、その企業の名前をヒル+ヒルノールトン社といいます。米国からオーダーを受注しました、その中身が“湾岸戦争介入に世論を扇動しなさい。”

    ナイラ証言は結果を出しヒル+ノールトン社が受け取った報酬は日本円で約14億円でした。歴史は繰り返すといいます。イルミナティーの計画は繰り返しです。

    新型コロナワクチン宣言は、同じヒル+ノールトン社が受けています、WHOがいっていることが一つのメッセージを作るように進められています。(月刊アンダーワールド参照転記)

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment