RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

格闘家のぱんちゃん璃奈が、モデルナ・異物混入ワクチン接種後に重度のアナフィラキシーを起こし、麻痺、呼吸困難、顔面の腫れ、湿疹により救急搬送

格闘家のぱんちゃん璃奈は28日、自身のツイッターで異物混入の確認されたロットのモデルナワクチン接種を受けた後、アナフィラキシーを発症し、病院に救急搬送されていたことを明らかにしました。

ぱんちゃんは、問題のモデルナワクチンに関するニュースを見て恐怖を覚え、当時の症状も踏まえて以下のように綴っています。

https://twitter.com/panchanrina/status/1431655677362012163?s=21

ぱんちゃんが、ワクチンに含まれる酸化グラフェンによってアナフィラキシーを起こしたことは明らかですが、各機関に問い合わせても、「知らぬ存ぜぬ」でたらい回しにされてしまったようです。

○【コロナの正体】「酸化グラフェン」がコロナの症状とワクチンの副作用を生み出す犯人だった

○【酸化グラフェンの疑い】モデルナ製コロナワクチンに異物混入、約160万回分の接種を見合わせ 

○【続報】異物混入のモデルナ製コロナワクチンは、輸送時の振動によって酸化グラフェンが凝集した可能性大

彼女と同じように金属アレルギーを持っている人は、ワクチンの毒性が早く体に現れやすい可能性があります。

ぱんちゃんのアレルギー症状は一時的におさまっているようですが、一度でも体内にワクチンを入れると、赤血球が破壊されるため、今後いつ急変し、命を落とすことになるか分かりません。

○【画像・動画あり】医師らの研究により、コロナワクチンが体内の赤血球を破壊する猛毒であることが発覚!!

また、金属アレルギーでショック症状が出たのであれば、酸化グラフェンを体内から排出しない限り、いつまで経っても根本的な解決には至らないはずですが、酸化グラフェンを体内から排出する術があるとも思えません。

このように安易に接種を受けて、後悔している人が大勢いるのが現状ですので、まだ接種を受けていない人も、絶対に周囲からの圧力に負けて接種を受けるようなことがあってはいけません。

○【高濃度酸化グラフェン入り】モデルナ・異物混入ロットのワクチン接種を受けた30代男性2人が死亡

○【Twitterが酸化グラフェンに関する情報を弾圧 】コロナワクチンの成分の99.99%は酸化グラフェンであり、政府の要請を守れば、酸化グラフェンが体内に蓄積される

○コロナワクチンの主成分「酸化グラフェン」は固形化して体内に蓄積する 動物実験でも危険性が証明済み

○【ワクチンによる大量殺戮の犯人】2015年に日本企業ダイセル(群馬人脈)が、コロナの症状を引き起こす「酸化グラフェン」の特許を出願していた!!

○【警告】コロナワクチン接種者がMRI検査を受けると、酸化グラフェンが体内で暴れ回り、命に関わる危険性があることが判明

○コロナワクチンを製造するモデルナ社は、元ナチスのIGファルベン しかも、ソロス、ファウチ、エプスタイン、ビル・ゲイツなど犯罪者集団によって運営されていた

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment