RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

シュタイナー「ウイルスは存在しない」 「ワクチンを打つと、人間は霊的なものを知覚できないロボットと化す」

教育者で神秘思想家の「ルドルフ・シュタイナー」は生前、ワクチン接種の危険性について述べており、ワクチンが人間の精神や霊体にまで悪影響を及ぼすと指摘し、さらに「ウイルス」の存在も否定していたことが分かりました。

シュタイナーは、ワクチンを打つと「人間は魂や精神の存在を考えられなくなる」「霊体(エーテル体)を肉体から簡単に切り離すことができる」と語っています。

https://twitter.com/hassy_2020_h/status/1396263317254021120?s=20

また、ワクチン接種により、人間の肉体から霊体が離れてしまうと、その肉体は極めて不安定になり、良心を持たないロボットのようになってしまうとも述べています。

シュタイナーは、人智学を広めた悪魔崇拝者であることがRAPT理論によって明らかになっていますので、シュタイナーの言うこと全てを鵜呑みにするわけにはいきませんが、ワクチンに関する彼の話にはある程度の信憑性があると考えられます。

○ルドルフ・シュタイナー – Wikipedia

〇RAPT×読者対談〈第84弾〉自己啓発もスピリチャル系も悪魔崇拝。

〇RAPT×読者対談〈第85弾〉江原啓之・美輪明宏から始まったスピリチャルブームもすべてはルシファー信仰。

実際、現代人は霊的なものをほとんど感じることができなくなってしまい、自分に霊体があることや、この世に神様やサタンが存在していることも信じられなくなっています。

○霊はこの世に存在している。しかし、人々は霊的なものにどう対処すればいいか分かっていない。

○人間には肉体だけでなく霊体も存在する 霊を目覚めさせ、永遠の幸せを手に入れるためには

また、コロナワクチンが人口削減のために作られた殺戮兵器に過ぎないということや、エボラ熱などもワクチン接種が原因で発症することが明らかになっています。

○エボラ熱を広めた犯人は麻生太郎である。(現代日本を支配する藤原家=麻生家の闇)

○エボラ熱騒ぎの最大の目的は、ロスチャイルドが西アフリカにあるダイヤモンド原石を独占すること。

しかも、子供が産まれると怒涛のようにワクチン接種が行われ、その上、同じワクチンを何度も打たなければならないというあり得ない仕組みが出来上がっています。

そもそも、ワクチンは「ウイルス感染を防ぐための抗体を作る」という目的で接種されますが、シュタイナーはウイルスの存在自体も否定しています。

ーーーーーーーーーーー

そう遠くない時期に、魂と精神的生活の排除が求められるだろう。

精神や魂について話すことが、病的であるとみなされるだろう。

ウイルスや細菌が病気を引き起こすという考えを普及させるということは、魂・意識を排除するためであり、人々をニヒリズム・無神論や魂の否定に至らせる方法のひとつであり、そのため大衆は死への恐れや恐怖にとらわれて生きている。

ウイルスの作り話は、人々をコントロールするために、実に便利な手段である。

政治家とワクチン製造者が活用する狡猾な策略に対する唯一の対抗手段は、自己教育し、権力を獲得するための、これらの致命的な操作における被害者の役割を辞退することだ。

その進行中の世界支配の同意を得るためには、人工知能の下での新しい悪魔崇拝こそが、人類からあらゆる心情や、精神及び倫理・道徳の価値観を奪うための最善の方法なのだ。

ーーーーーーーーーーーー

つまり「ウイルス」は、イルミナティが人々をコントロールするために作り出された“フィクション”に過ぎないというわけです。

シュタイナーが、このように現代の状況を言い当てているのも、彼がワクチンの効能をはっきりと理解していたということであり、裏を返せば、彼の語ったワクチンの効能はすべて事実であるということです。

コロナウイルスが存在しないことは、既にRAPT理論によって明らかになっていますが、歴史的に起こったペストやコレラなどの大流行も、ウイルス感染によって起きたのではなく、イルミナティによる大規模な毒殺事件だったと言われています。

イルミナティは、歴史が移り変わる度に、新しい「ウイルス」をでっち上げては、そのウラで毒をばら撒き、庶民を虐殺してきました。

二度とこのような残虐な殺戮行為が行われることのないよう、今こそ強力にイルミナティの滅びを祈らなければなりません。

○ワクチン接種を利用した人口削減計画が進行中

○【閲覧注意】猛毒コロナワクチンによる凄惨な副作用の症例

○コロナワクチン 国内で接種後20日以内に6名もの死者

○旭川赤十字病院の事務職員、コロナワクチン接種翌日に死亡

○ドイツの老人ホームに特攻隊が乗り込み、ワクチン接種を強要 42人中13人死亡

○【韓国】アストラゼネカ製ワクチン接種後に、20代女性が脳出血・四肢の麻痺

○コロナワクチンによる大量殺戮が実行されているインドの現状

○【アストラ製】コロナワクチンを接種したテコンドーチャンピオン、 細菌感染で足を切断

○【人口削減】アメリカではコロナワクチン接種により1日30人が死亡

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. いわゆる悪魔崇拝者側のシュタイナーが霊体のことをエーテル体と呼んでいたという事実を知り, 私はとても驚かされました.

    これは以外に知られていないのですが, 19世紀末に電磁波が発見されてから20世紀はじめに相対性理論によってエーテルが否定されるまで, 物理学者たちはエーテルというものを電磁波を伝える媒体として当たり前のように考えて議論していました. 電磁波が波であるからには水面波における水面のように見えない何かが揺れているはずだという考えからです. 水が揺れて水面波が発生するように, エーテルが揺れることで波としての電磁波が発生するという訳です.

    ところが, アインシュタインが特殊相対性理論を1905年に発表したときに, 彼は”エーテルが存在すると理論が複雑になりすぎる”という勝手すぎる理由でエーテルを一方的に否定し, それ以降なぜか相対性理論は無条件に信頼すべき原理へと祭り上げられ, その結果物理学ではエーテルを論じることはニセ科学を論じることと等しくなってしまいました. その後も数多の誠意ある物理学者たちが何回もエーテルの存在証明をしたにも関わらず, それらの研究結果は全て黙殺されることとなりました. 私は個人的に物理学を研究する者として, 多くの誠意ある物理学者たちの行ったエーテルの存在を確かに証明する物理学実験並びに相対性理論を反駁する実験的証拠に関する資料を豊富に持っていますが, それを見るだけでも相対性理論というのは100年以上も生き延びた酷い誤りに過ぎないということ,またエーテルの存在によって人類が今まで全く目を向けてこなかった新たな領域(おそらくそれはRAPT理論で霊界と呼ばれる世界のことだろうと私は思っています)が開拓され得ることは容易に理解できます.

    更に, RAPTブログで言われていたようにもし霊体と電磁波に何らかの関係があるならば, 現代物理学で霊体や霊界の謎が解かれない理由はまさに, アインシュタインの相対性理論から始まった, 物理学の研究対象としてのエーテルの不承認にあると私は思っていました. そんな矢先この記事を見つけたので思わず長文コメントしてしまいました. 失礼しました.
    いつも楽しんで読ませてもらっています.

  2. 病院で入院患者さんの食事を作っているものです。来月、コロナワクチンを接種する予定になっています。
    先日、病院の栄養士さんからカロナール500mgを6錠、渡されました。説明書きには発熱時・疼痛時に内服。1回1錠(3回まで毎食後又は6~8時間あけて)症状がない場合の予防的内服はしないように注意。ワクチンの効果を弱めるなど報告されています。以上、このような説明書きと一緒にカロナール錠を渡されました。医師からの説明はありませんでした。働いて給料を頂き生活をしなければなりません。新型コロナに限らず本当に酷いと思っています。許せません。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)