RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【鎌倉市】10代の子供がコロナワクチンの副反応で死亡 市議会議員が暴露

, …

鎌倉市議会議員の長嶋竜弘が、コロナワクチン接種後に10代の子供が副反応によって死亡したことを暴露しました。

現在、鎌倉市ではワクチン接種後に2名もの死者が出ているとのことですが、依然として3回目の接種や子供への接種を推し進めようとしています。

市長らの答弁も、ワクチンの危険性を知っていながら、ただ無難な解答をしているだけで、長嶋議員の訴えを適当に流しているように見えます。

https://twitter.com/tjrk07100120/status/1464743751964782597?s=21

このように地方の議会でも、ワクチンの危険性について議論されているにもかかわらず、誰一人としてワクチン接種を中止しようとしません。

○13歳の少年が、2回目のコロナワクチンを接種した4時間後に死亡

○【和歌山県紀の川市】小学6年生の女児がコロナワクチン接種3日後に死亡 その直後、和歌山市の送水用橋が不自然に崩落し、ワクチン死が揉み消される

一方、アンケートによると、約半数の保護者が「5~11歳向けの接種が始まっても、子供に接種させたくない」と解答しているとのことです。

○【新型コロナワクチン接種】5~11歳向けの接種が始まっても、46.3%が「接種させたくない」

このようにコロナワクチンの危険性を知り、洗脳から目覚めているたち人が着実に増えてきていますので、続けてワクチンに関する正しい情報を発信し、できる限り多くの尊い命を守っていかなければなりません。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment