RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【変異株オミクロン】南アフリカ医師会「症状は極めて軽い」と発表 少し咳が出る、筋肉痛や倦怠感があるなど、風邪の症状と同じ

, …

南アフリカの医師会は、新たに確認されたオミクロン株に感染した場合の症状について述べ、非常に軽症であるにもかかわらず、なぜここまで大きな騒ぎになっているのか分からないと、各国の対応を批判しました。

同医師会によると、オミクロン株に感染後、1日〜2日、筋肉痛や倦怠感が出て、少し咳も出るとのことですが、明らかに“ただの風邪”だと言うしかありません。

もっとも、コロナウイルス自体が存在しませんので、オミクロン株も存在しないわけですから、最初から恐れる必要が一切ありません。

○南アフリカで新たな変異株を検出 未だにコロナ茶番を続けようと悪足掻きするイルミナティ

このようにイルミナティは、ただの風邪をとても恐ろしい感染症であるかのように報道し、人々を再び恐怖に陥れようとしています。

こうした茶番が一刻も早く終息し、茶番に関わった全てのイルミナティに厳正な裁きが下りますことを心から祈ります。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment