RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

南アフリカで新たな変異株を検出 未だにコロナ茶番を続けようと悪足掻きするイルミナティ

南アフリカで、コロナウイルスの新たな変異株が検出されたと、専門家らが25日に発表しました。

科学者たちは今回発見された変異株について、これまでで最も激しい変異がみられる「恐ろしいウイルスだ」「この変異株に我々は驚かされた。予想していたよりも大きな進化を遂げ、はるかに多くの変異が起きている」などと言って人々を再び恐怖に陥れようとしています。

松野博一官房長官は26日午前の記者会見で、現時点で日本国内で空港検疫を含めて確認されていないことを明らかにした上で、「WHO(世界保健機関)や諸外国の動向等の情報を収集をしている」と述べました。

コロナのせいで今や南アフリカの情勢は悪化し、貧困による大規模な暴動や略奪が発生していますが、これもまたイルミナティの計画の一環であることが判明しています。

したがって、今後南アフリカの人たちを殺戮するために、遅々として進まないワクチン接種を強制的に押し進めていくに違いありません。

○南アフリカが国家崩壊 コロナ対策で生じた貧困により大規模な暴動・略奪

○イルミナティが人口削減について会議している映像がネット上に流出

また、今回の変異株は、人間の免疫を回避する性質や高い感染力を持つ恐れがあるとのことですが、これもただの脅し文句に過ぎません。

もう既にコロナウイルス自体が存在しないと世界中に知れ渡っていますので、このように恐怖心を煽ろうとしたところで、人々の怒りをさらに買うだけでしょう。

○【やはりコロナは茶番】今後発見されるコロナ変異株の予定表が流出!2023年までコロナ茶番は継続する

○【医者も耐えられないデルタ株】CBSニュースで、デルタ株について語った医者が収録中に爆笑、変異株が嘘だとバレる

日本政府は、この変異株による感染拡大を捏造して「第6波」をでっち上げるつもりなのかも知れませんが、私たちもこのイルミナティたちの悪あがきに徹底的に抵抗して、コロナ茶番をいち早く終わらせなければなりません。

○人間本来の免疫力より優れた“ワクチン”はこの世に存在しない

○47都道府県が“コロナウイルスは存在しない”と回答した公文書一覧

○コロナワクチンの副反応を、ウイルスによる感染症「手足口病」だと言って庶民を騙す医療業界とマスコミの詐欺的手口

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment