RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

コロナワクチンの副反応を、ウイルスによる感染症「手足口病」だと言って庶民を騙す医療業界とマスコミの詐欺的手口

, …

コロナワクチン接種開始以降、「手足口病」が流行していると報道されるようになりました。

その症状は、ワクチン接種後に見受けられる発疹や帯状疱疹にそっくりで、ネット上でも副反応のせいではないかと指摘されています。

以下の画像は、コロナワクチン接種後に出た発疹の画像ですが、手足口病の発疹にも似ています。

○【子宮頸がんワクチン薬害の主犯グラクソ・スミスクライン】コロナワクチンの副反応で帯状疱疹を発症する人が続出する中、帯状疱疹ワクチンを宣伝 

○【閲覧注意】猛毒コロナワクチンによる凄惨な副作用の症例

元々、「手足口病」は、幼い子供たちが発症しやすいと言われてきました。

その歴史を見てみると、ワクチン接種が盛んに行われるようになった1900年代後半から流行していることが分かります。

○Wikipedia-手足口病

手足口病の原因となるのは、「ピコルナウイルス科内のエンテロウイルス属に属するコクサッキーウイルスA16」「エンテロウイルス71型」などだそうですが、そもそもウイルス自体、存在していないことが既に判明しています。

○シュタイナー「ウイルスは存在しない」 「ワクチンを打つと、人間は霊的なものを知覚できないロボットと化す」

また、子供たちは生まれて2ヶ月経つと、大量のワクチンを接種させられることから、ウイルスで病気になるのではなく、ワクチンの副反応によって「手足口病」を発症している可能性が高いと考えられます。

したがって現在、大人たちが発症している「手足口病」も、コロナワクチンの副作用によるものに違いありません。

このように医療業界は、ワクチンの副反応を他の感染症であるかのように言って国民を騙し、副反応の実態を隠蔽してきたわけです。

こうした医療業界の嘘が全てことごとく暴かれ、人々の洗脳が解けて、ワクチンによる被害者がこれ以上出てこないことを心から祈ります。

○人間本来の免疫力より優れた“ワクチン”はこの世に存在しない

○47都道府県が“コロナウイルスは存在しない”と回答した公文書一覧

○世界中の国々がコロナウイルスの存在を証明できないと認める

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment