RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

投資銀行家フィッツ女史の警告「ワクチンパスポート導入は、人間の自由の終焉を意味する」

投資銀行家であり、ジョージ・HW・ブッシュ大統領の下で住宅都市開発省の副長官も務めた「キャサリン・オースティン・フィッツ女史」は、「ワクチンパスポート導入は、人間の自由の終焉を意味する」と述べ、警鐘を鳴らしています。

フィッツ女史によると、かつてペストが流行した際にも、権力の一極集中化、交通機関のコントロール、労働や銀行・銀行口座の統制などが行われたそうですが、コロナ下ではさらに厳しいものとなり、いずれ全ての資産を銀行システムを通じて掌握され、支配されることになると指摘しています。

つまり、国民一人ひとりの行動が常に国から監視、コントロールされ、銀行口座にある自分のお金すらも自由に使えなくなる可能性があるということです。

日本政府はもう既に、マイナンバーへの銀行口座を紐づけを強く推し進めていますが、ワクチンパスポートなどにも同じように個人情報を紐付けて、国民を支配しようとしています。

https://twitter.com/no_need_sdgswfm/status/1439314148253265926?s=21

イルミナティたちは、こうして国民を新たな方法で支配し、さらなる奴隷化を進めようとしているのです。

ワクチンパスポートが一切普及することなく、むしろ全てのイルミナティがいち早く滅び去り、人類が彼らの支配から完全に抜け出すことができますよう心から祈ります。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment