RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【自業自得】試合中に心臓に異常をきたして退場したコロナワクチン推進派のバルサFW・アグエロ選手が現役引退を発表

先月30日、試合中に胸の痛みを訴えて病院に運ばれた、バルセロナのFWセルヒオ・アグエロ選手が、心臓の問題で現役引退することが明らかになりました。

胸の痛みの原因は、心臓の不整脈だったことが判明しており、コロナワクチン接種による副反応である可能性が高いと見られます。

○【コロナワクチンの副反応の疑い】アルゼンチンのスターサッカー選手・セルヒオ・アグエロが試合中に倒れ、病院に搬送

スペインメディアによると、アグエロ選手は来週にも引退会見を行なう予定とのことです。

https://twitter.com/aliel_football/status/1459132997748367360?s=21

アグエロ選手は「12歳以上の全ての人がコロナワクチンを接種すべき」と推奨していたことから、当然、彼自身もコロナワクチンを接種していたことは間違いありません。

にもかかわらず、今回の報道を受けて「アグエロ選手の胸の痛みはワクチンとは関係ない」などと、必死で火消ししようとする工作員がツイッター上に続々と現れています。

サッカー界のスター選手がコロナワクチンで選手生命を奪われたなどと知れ渡れば、ますますワクチン政策への反発も強まることでしょう。

コロナワクチン接種がこの世から消滅し、一刻も早くイルミナティが滅び去りますことを心から祈ります。

○コロナワクチン接種開始以降、世界中のスポーツ選手が次々と死亡、試合中に倒れるなどのトラブルも続出

○コロナワクチン接種後に死亡した中日・木下投手は、やはり心筋炎だった!! 政府がこの事実を2ヶ月間隠蔽し、ワクチン接種を推進した結果、心筋炎を発症する若者が急増

○【またも中日】平田良介外野手が、異型狭心症・頭部や左手首のしびれ・ぜんそくを発症し完治せず コロナワクチンが原因との憶測広まる

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment