RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

創価学会は、2030年に再びコロナパンデミックを計画をしている

自民党は、2030年にコロナパンデミックを再び起こし、同時に激甚災害も起こしてこの日本を再びめちゃくちゃにしようと目論んでいます。

この計画は、「デジタル田園都市国家構想」の中に組み込まれていて、2030年6月に災害を起こすことも、具体的に予定されています。

○コロナ時代のデジタル田園都市国家構想

この計画を遂行しているのが「自民党デジタル社会推進特別委員会」という組織で、最高顧問に「甘利明」、そして数人の議員で構成されています。

甘利明は、収賄事件以降あまりメディアに出てきませんが、このような目立たないところで悪巧みを働いているようです。

甘利明は、イタリアのカヴァリエーレ勲章を受賞したことがありますが、この章の受賞者リストには、上皇昭仁や池田大作、小渕恵三、丹下健三など、創価学会に関連する人物が名を連ねています。

つまり、甘利も創価人脈の一員だということです。

創価学会が、懲りずに2030年にもコロナパンデミックを起こそうとしているわけですが、現在、コロナは創価学会によってでっち上げられたもので、出口王仁三郎の予言通りに世の中を作り替えようとしていることがバレてしまったので、次にまたパンデミックを起こしたとしても、うまくいく可能性はゼロに等しいです。

○【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!

しかも、このパンデミック計画は、私たちが支払った税金を使って進められているわけですから、本当に許し難いことです。

創価学会は10年先の計画を立てて、再びボロ儲けしようと企んでいるようですが、現時点で、もうすでに創価学会の内部争いが激化し、幹部は失脚、信者も脱会が相次いでいます。

ですから10年後に、創価学会にコロナパンデミックを起こす力が残っているとは、到底思えません。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)