RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【NHKによる悪質な情報操作】事故死したコロナ感染者の少年を「コロナ死」として報道

, …

NHKは28日、コロナに感染していたとされる10代男性の死を、実際は事故死であるにもかかわらず、コロナ死であるかのように報道し、相変わらずコロナは危険であるかのように印象操作しました。

死亡した10代の男性は、死後の検査でコロナ陽性と判断されたとのことですが、そもそもコロナ自体が存在しませんので、「若者がコロナで死亡した」という既成事実を作るために、NHKが彼の死を利用したに過ぎません。

しかし、ツイッター等で情報操作していることが暴かれたため、NHKはこの記事をすぐに削除したようです。

NHKは日本を代表するメディアと見なされていますが、その実、中国共産党や創価学会、韓国とズブズブの関係で、完全なる反日メディアと化しています。

○創価、中共、韓国と一体化した反日NHK、東京五輪開会式でドローンの描いた「日の丸」放送せず

○【中国共産党と一体化したNHK】 日本人から受信料をぼったくる一方、中国人向けに無料配信サービスを開始

○【三浦春馬の死の謎に迫るⅣ】創価学会とズブズブのNHKも、幼児誘拐や少女売春に関与の疑い

そのため、コロナ茶番が収束しつつある現在になっても、依然として「これから若者たちがコロナで大勢死ぬ」と思わせて、視聴者を脅し、ワクチン接種を促しているわけです。

しかし、コロナの危険性を積極的に配信してきたNHKでは、未だに職域接種を実施していないことが判明しており、自ら「コロナは嘘」ということを証明しています。

○NHKと厚労省は職域接種を実施していないことが判明 コロナは嘘で、ワクチンが殺人兵器だと知っている

今回のこの報道からも、コロナ茶番の首謀者たちは未だに庶民を洗脳し、ワクチンを打たせて殺戮しようと悪あがきしていますので、御用メディアであるNHKをはじめとした大手マスコミ各社が一刻も早く滅び去るよう、続けて強力にお祈りしなければなりません。

○【報道関係者による内部告発】日本医師会はPCR検査が不正確であることを最初から知っている

○【コロナ茶番のカラクリ】厚労省が「ワクチン接種後に発熱した人は、コロナに感染している可能性がある」と庶民を脅し、検査を受けさせて感染者を捏造していることが発覚

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment