RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【中国共産党と一体化したNHK】 日本人から受信料をぼったくる一方、中国人向けに無料配信サービスを開始

, …

中国共産党とズブズブのNHKが、ついに中国人向けの番組配信サービスを開始したことが明らかになりました。

その内容は多岐に渡り、24時間、700本以上もの番組を無料で視聴することができるとのことです。

NHKは、家にテレビを置いているというだけで、日本人から強制的に受信料を徴収し、まるでヤクザのように自宅に押しかけて取り立てを行ってきました。

にもかかわらず、中国人に対しては無料で番組を配信するとのことで、ネット上では批判が殺到しています。

この件について、あるネットユーザーがNHKに問い合わせたところ、以下のような回答があったそうです。

NHKの回答によると、外国人向けの無料配信を行うことは放送法で定められており、必須業務だとのことです。

つまり、日本人から受信料をぼったくり、その一方で中国人に無料で番組配信を行うことが法的に定められているというわけで、どこまでも中国人、特に李家を優遇する仕組みになっているわけです。

これが本当に日本人の作った日本の法律なのだろうかと首を傾げざるをえません。

○創価、中共、韓国と一体化した反日NHK、東京五輪開会式でドローンの描いた「日の丸」放送せず

○所有者不明の土地の利用権を第三者(つまり李家)に付与する「所有者不明土地対策特別措置法」を改悪、売国促進へ

○李家による日本乗っ取りのため「銀行法」「金融商品取引法」が改悪

○【李氏朝鮮の復活】李家による合法的な土地の乗っ取りを可能とする「土地規制法」が衆参両院で可決

もっとも、NHKの作る番組にはろくなものがありませんので、例え無料だとしてもNHKの番組など見ない人も多いでしょうが、陰ではこのように李家を優遇するような環境整備が着々と行われていますので、これ以上、日本乗っ取りが進むことのないよう、李家の滅びをつづけて強力にお祈りしなければなりません。

○竹中平蔵の側近かつ血縁の岸博幸が内閣官房参与に就任 太陽光パネルによる土地の強奪、スーパーシティ建設を目論む

○【菅内閣のブレーンは売国奴ばかり】パソナが人材支援と称し、大量の中国人を日本に移住させていることが発覚

○政府が海外企業による日本乗っ取りを促進 外国人幹部を2030年までに20万人にするとの目標を定める

○星野佳路は、創価学会と李家の「乗っ取り請負人」だった!!

○【三浦春馬の死の謎に迫るⅣ】創価学会とズブズブのNHKも、幼児誘拐や少女売春に関与の疑い

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment