RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【三浦春馬の死の謎に迫るⅣ】創価学会とズブズブのNHKも、幼児誘拐や少女売春に関与の疑い

, …

これまで私たちは、三浦春馬が暴露しようとした日本での幼児誘拐・性的虐待・少女買春の実態について、調べを進めてきました。

○【完全解明】三浦春馬の死の謎 創価学会と少女売春の闇

○有吉弘行、三浦春馬の死を予告、かつ侮辱し大炎上

○【三浦春馬の死】創価企業アミューズ 真相を暴くサイトをデマと決め付け脅迫

○【殺害事件から1年】三浦春馬を暗殺した黒幕は「竹中平蔵」である可能性大

○【三浦春馬の死の謎に迫る】Googleで「エプタイン島」と検索すると「豊島」がヒットする怪!! 淡路島やディズニーランド、ジブリの森も

○【三浦春馬の死の謎に迫るⅡ】竹中平蔵は出口王任三郎の子孫 パソナ島と化した淡路島も、王任三郎の重視する「エプスタイン島」だった

○【三浦春馬の死の謎に迫るⅢ】東京ディズニーランドも三鷹の森ジブリ美術館も「エプスタイン島」 エプスタインとディズニーと群馬人脈(竹中平蔵・笹川良一)の深い繋がり

○【RAPT氏の対談】日本を破壊し、食い尽くしてきた「竹中平蔵」(熱海災害・東京五輪・コロナ・集団ストーカー・三浦春馬殺害 )

○【半沢直樹】堺雅人は、少女買春の元締め「ジェフリー・エプスタイン」の親戚である可能性大

そして数あるメディアの中で、三浦春馬と切っても切れない深い関係にあるのが「NHK」です。

三浦春馬は、1997年にNHKの連続テレビドラマ小説「あぐり」で芸能界デビューを果たしています。

そして、大河ドラマ「おんな城主 直虎」やNHKドラマ「太陽の子」などに出演し、紀行番組「世界はほしいモノにあふれてる」(NHK総合)で司会も担当していました。

当サイトでは、NHKが中国共産党や韓国などの反日勢力とズブズブの関係を築いていることを述べましたが、NHKは創価学会とも、ほぼ一体化していると言っても過言ではありません。

○創価、中共、韓国と一体化した反日NHK、東京五輪開会式でドローンの描いた「日の丸」放送せず

○【JAL123便墜落事故】NHKの第一報の原稿を書いたのは、創価信者の池上彰だった!

NHKでは、創価学会や公明党と“良い関係”を築いた職員ほど出世すると噂されており、かつて英BBCテレビが、特別番組「SOKA/GAKKAI」で創価や池田大作の危険性について放送した際も、ヨーロッパ大陸、アジア・太平洋地域はもちろん、米国でも衛星中継で放送されたにもかかわらず、NHKだけが放送しなかったそうです。

○NHKと創価

このようにNHKと創価学会の癒着ぶりをあげればキリがありませんが、NHKといえば子供向けの番組も充実しています。

NHKの様々な番組やアニメやを制作しているのが、「株式会社NHKエンタープライズ」です。

○Wikipedia-株式会社NHKエンタープライズ

実はこのNHKエンタープライズが日本における「韓流ブーム」などの火付け役となったわけですが、同社は電通と25%ずつ共同出資し「株式会社総合ビジョン」を設立しています。

そして、この「総合ビジョン」は、現在では「NHKエンタープライズ」に完全に吸収されていますので、NHKは電通とともに番組制作を行ってきたということになります。

電通は、李家(群馬人脈)によって設立・運営されてきましたが、李家の最重要拠点である群馬県は創価学会の重要拠点であり、幼児誘拐などの未解決事件も数多く起こっている闇の深い地域です。

○群馬県は幼女虐待、カニバリズムが今でも行われる呪われた地

○【群馬人脈のドル箱】電通が倒産の危機 オリンピック中止で放映権全額払い戻し

○群馬人脈こそ麻薬売買の元締め 日本の麻薬売買の拠点は群馬県だった!!

そしてNHKエンタープライズが制作してきたアニメや番組には、子供の教育上悪影響を及ぼしかねない作品も多数あります。

例えば、アニメ「カードキャプターさくら」の原作は、小児性愛者や同性愛者ばかりが登場するにもかかわらず、それを美化して描いた問題作です。

○【唖然】カードキャプターさくらの作中の性事情wwwwwwwwwwwww

https://twitter.com/aloudfromjapan/status/1300409781824282626?s=21

また、NHKではアニメ「おじゃる丸」が長年放送されていますが、原作者の「犬丸りん」は、NHKによる嫌がらせが原因で、48歳の若さで自殺したと言われています。

「犬丸りん」は2006年に自宅のマンションから飛び降り自殺し、遺書も残し、母親宛に「仕事ができない」と書き残していたそうです。

「犬丸りん」と親交があった同アニメの声優(おじゃる丸役)・小西寛子は、過去にツイッターで「仕事ができないんじゃなくて“思うように仕事をさせてもらえない”が本当。今度代理人と武蔵野署に行って調べてみる。」と投稿しています。

以下の記事では、犬丸りんがNHKから受けていた卑劣な嫌がらせについて、こう書かれています。

○漫画家にしのび寄る魔の手

小西寛子氏は犬丸りん氏がNHKと確執があり、嫌がらせを受けていたという事を言っているようだ。

また彼女自身も犬丸りんを庇っていたという事でアニメ番組を降ろされたそうである。

さらに小西氏は自らの、おじゃる丸の声をキャラクター商品に無断で流用される嫌がらせを受けており、またその事でネットでNHK側と思われる人物に酷い中傷を受け、その書き込みをした人物は書類送検されたという話である。

小西氏は犬丸りん氏を擁護したせいで攻撃を受ける対象になってしまったようだ。

このおじゃる丸のアニメスタッフというのは、いったい何者の集団なのかと問いたくなるような感じである。

また、アニメの原作者やアニメーターたちは、子供たちに悪影響を及ぼすようなものを描き込むように指示されている可能性も指摘されています。

ちなみにNHKが犯罪者を出す率は、一般の同等の規模の会社の50倍という事でさらに驚かされる。

こうなると、もはや893集団ではないだろうか。

本当にNHKのような闇に支配されている放送局のもとで仕事をしていた漫画家や声優の人は可哀想である。

小さな子供向けアニメの原作者で他に死亡した漫画家に「クレヨンしんちゃん」の臼井儀人氏がいる。

臼井氏は事故で亡くなったというが、これも何となく闇が誘導したように思えてならない。

なぜ闇の連中は小さな子供向け用のアニメ番組の漫画家ばかり狙うのだろうか。

それはたぶん自分らに都合のいいようなストーリーやサブリミナル効果をアニメに付け加えて子供たちを洗脳したいと思っているからかもしれない。

幼い頃にトラウマを植え付けたい、または毒を仕込ませたいと思っているのではないだろうか。

それにはどうしても原作者の漫画家が邪魔なのだ。

ちびまる子ちゃんにしろ、おじゃる丸にしろ、クレヨンシンちゃんにしろ作者が死んでも今後もずっとアニメ番組は継続していく事だろう。

闇の連中はこういった長期的戦略をいつも考えているに違いない。

人を支配するためなら何でもするといった気の狂った連中なのである。

このようにアニメの原作者は描きたくもないものを描くよう強要され、それに反発したために、口封じとして殺されている可能性があるのです。

そして、NHK教育テレビの子供番組「おかあさんといっしょ」に出演していた歴代の「歌のおにいさん」は、誰もが怪しい人物ばかりだとして知られていますが、特に一番長い期間「歌のおにいさん」を演じていた「横山だいすけ」は、筋金入りの創価信者であることが判明しています。

NHKの子供番組に、幼児誘拐を主導している創価学会の信者が出演し、子供たちと直接触れ合っているのですから、非常に大きな問題と言えます。

このように、ベネッセだけでなく、実はNHKも子供の教育に深く関わっていながら、アニメや番組を通して子供たちに悪影響を与え、幼児誘拐にも関与している可能性が非常に高いのです。

そして三浦春馬は幼い頃からNHKに関わっていたわけですから、幼児誘拐や性的虐待の実態をずっと間近で見ていたに違いありません。

アニメ業界は創価学会や李家などと非常に深く繋がっていますので、今後もさらにこの闇を暴いていきたいと思います。

○幼児誘拐が増えている今、創価=ベネッセの個人情報の流出は大変危険です。

○ベネッセ事件犯人のねつ造。小5女児監禁事件のねつ造。これらの事実は警察が裏社会の構成員であることを意味する。

○ベネッセ・ユニセフ・外務省・皇室・創価学会との奇妙なつながり。この日本はごく一握りの人間によって支配されている。

○急増する幼児誘拐と創価=ベネッセの個人情報流出との明らかな関連性が見えてきました。核心は「日本ユニセフ」です。

○ベネッセとパソナの不可解なつながり。安藤忠雄も司馬遼太郎も……創価学会員は常に金融ユダヤの下で一つの輪となって動いている。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment