RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【JAL123便墜落事故】NHKの第一報の原稿を書いたのは、創価信者の池上彰だった!

1985年8月12日に発生した「JAL123便墜落事故」。

マスコミは、“不運な事故”として、毎年特集を組んでは、事故の凄惨さや遺族の悲しみを報じています。

しかし、この事故は意図的に起こされたもので、実は国常立を拝む「出雲族」という名の勢力によって引き起こされた“生贄儀式”であったことが、RAPT氏によって暴かれました。

○JAL123便墜落事故で死亡した520人は、出雲族の神「国常立尊」を蘇らせるために殺害された可能性大。

そして、事故から36年経った今、事故を起こした実行犯が、創価学会であることも明らかになりました。

JAL123便墜落事故当時の政治家や、事故処理に関わった人物の全てが、創価学会と繋がっているのですが、なんと、事故直後に書かれたNHKの第一報原稿は、池上彰が書いたのだそうです。

池上彰は、創価3世です。

つまり、創価にとって都合の悪い情報が出回らないように、はじめから創価信者に原稿を書かせたというわけです。

池上彰がテレビ業界でもてはやされるのは、事故の隠蔽に加担したご褒美なのかもしれません。

また、池上彰は岩倉具視とそっくりで、もれなく上級国民です。

JAL123便墜落事故は、創価学会によって計画、実行されましたが、そのバックには九鬼家(=青山家)が関わっていることも暴かれました。

ここまで真相が暴かれると、ちょっとした情報も、真実を暴く重要な鍵となり、その情報を元にさらに驚くような真実が明らかになっていきます。

そのためか、JAL123便墜落事故に関するウィキペディアの記事も、削除対象となっているようです。

今回ご紹介した池上彰に関する情報も、JAL123便墜落事故の真実を証明する重要な証拠ですが、彼らがこの情報をどのように火消ししていくのか、常に監視していきたいと思います。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

【特集】ワクチンの危険性を知るために

ワクチンに含まれる「水銀」は脳を破壊する最強の毒 イルミナティによる人口削減の実態を専門家が暴露
ワクチンは人口削減を行うために製造された毒薬に過ぎないということを、これまで何度も述べてきましたが、ワクチンに含まれた水銀には、人間の脳を破壊する強力な毒性があります。 しかも、ワクチンに含まれる水銀の量は年々増加しており、それに伴って精神...