RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【三浦春馬の死の謎に迫るⅡ】竹中平蔵は出口王任三郎の子孫 パソナ島と化した淡路島も、王任三郎の重視する「エプスタイン島」だった

, …

前回の記事で、Googleマップで「エプスタイン島」と検索すると、日本で少女買春や悪魔崇拝儀式が行われている場所が幾つもヒットすると述べましたが、その中には「淡路島」も含まれていました。(前回の記事は、以下になります。)

〇【三浦春馬の死の謎に迫る】Googleで「エプタイン島」と検索すると「豊島」がヒットする怪!! 淡路島やディズニーランド、ジブリの森も

現在、淡路島は「パソナ島」と化していると揶揄されていますが、実は淡路島は「出口王仁三郎」が非常に重視していた場所でもあります。

淡路島には、かつてユダヤ人が渡来し、様々な儀式を行なっていた痕跡が残されています。

淡路島では、今でもそのユダヤ人の血を受け継いだ人たちの中から、「青い目」の子供が生まれるという噂もあるそうです。

○淡路島に残るイスラエルの足跡

出口王仁三郎は生前、白山義高という人物に淡路島の遺跡を調査するように依頼しています。

出口王仁三郎は、ユダヤ人(レビ族)の末裔であるため、淡路島の遺跡を発掘して、ユダヤ人の聖地にしようと考えていたようです。

また、淡路島には「シオン山」と呼ばれるピラミッド状の山があり、儀式が行われているような痕跡が幾つもあります。

シオン山は、千ヶ峰、剣山、玉置山を直線で結んで作った三角形の重心にあたる場所にあることから、人工的に作られたものである可能性が高いと言われています。

パソナの竹中平蔵は、自らの権力を使って、地方創生やスーパーシティ、ベーシックインカムなど、かつて王仁三郎が予言した通りに世の中を変えるべく、様々な悪事を働いてきたことがRAPT理論によって解明されてきました。

○創価企業JAL赤字2866億円 コロナによる経済後退は共産主義化が狙い

○竹中平蔵は維新の会のブレーンだった!!  大阪府での時短協力金業務をパソナに21億円で丸投げ委託

そんな竹中平蔵は、群馬人脈の「渋沢栄一」にそっくりだと言われていますが、実は「渋沢栄一」も出口王仁三郎にそっくりです。

つまり竹中平蔵も、出口王仁三郎の子孫である可能性が高いというわけで、だからこそ淡路島を重視し、パソナの拠点にしているわけでしょう。

しかも淡路島には、竹中平蔵にそっくりな「松下むめ(松下幸之助の妻)」の一族が住んでいました。

恐らく「松下むめ(旧姓・井植むめ)」を生んだ井植一族も、ユダヤ人の一派に違いありません。

○【大スクープ!!】パソナとパナソニックとサムスンは血縁で結ばれている 竹中平蔵と松下幸之助と櫻井俊は親戚=李家だった

そして、この淡路島で見つかっている遺跡の多くは、「女性器」を表すものが多く、彼らがいかに卑猥な儀式を行なっていたかが垣間見えてきます。

ーーーーーーーー(いかこちらより転載)

問題の古代イスラエル文化遺跡といふのは、

昭和二十七年十月十六日正午、場所は淡路洲本市古茂江、小路谷の海岸、四州園内の小磯とよばれる景勝地の海面に突出した盤岩の岬に秘められた問題の古代淡路文化遺跡の實相が、遂に多人數立會いの許に確認されました。 

其の遺跡といふのは、意外にも、自然の盤岩の裂目を巧みに利用し、其の上に鑿の無い時代の工作を想はせる火と水との作用で製作した女の陰所(ホド)の彫像でありました。

今から三十年程前に一度發掘したことがあつて、この預期せぬ工作物を發見したことがあるが、祟をおそれ再び埋没したといふ曰くつきの存在であります。

其の當時の目撃者の談話を綜合しますと、埋没されていたV字型に置かれた二枚の板石といふのは、この女陰部を、かくした覆であると共に、陰所の名を表はす呪文的象形と考へられます。

武智時三郎:淡路の神秘エル・エロヘ・イスラエル、淡路古文化開放協會編、(1953)14-15 より

ーーーーーーーーー(転載ここまで)

また、女性器が露骨に描かれた石も発見されています。

悪魔を拝み、性器崇拝を行うようになったユダヤ人たちは、「タルムード」と呼ばれる悪魔教の経典を古くから信じてきました。

タルムードには、「3歳と1日を経た少女は結婚することができる」と記されており、父親が許可した場合は「3歳と1日の少女は、相手と性交することによって婚約できる」とも書かれています。

しかも、3歳以下の少女の処女膜は、何度破られても再生すると考えられていたそうです。

つまりユダヤ人たちは、3歳以下の幼児を日常的にレイプしていたというわけで、彼らがこぞって小児性愛に耽るのは、タルムードに書かれた教理に従ってのことなのです。

○ウィキペディア-ペドフィリア

「エプスタイン島」で少女買春を行なっていた「ジェフェリー・エプスタイン」も、そのパートナーであった「ギレーヌ・マクスウェル」も、どちらもユダヤ人でした。

そして現在の淡路島は、ユダヤ人(出口王任三郎)の末裔である竹中平蔵が支配しており、彼もまたエプスタインらと同じような淫乱な行為に耽り、その実態を暴こうとした三浦春馬を殺害した可能性が高いと言えます。

○【殺害事件から1年】三浦春馬を暗殺した黒幕は「竹中平蔵」である可能性大

パソナの「仁風林」でも、麻薬を用いた性接待が当たり前に行われていますから、「淡路島」で少女買春が行われていたとしても何ら不思議ではありません。

また、淡路島は「男性器」の形に似ているとも言われており、「女性器」に似た琵琶湖とは「陰陽の関係」にあると言われています。

ユダヤ人が好んで「淡路島」に住み着いたのは、こういったことも背景にあるのでしょう。

いずれにせよ、Googleマップで「エプスタイン島」と検索して「淡路島」がヒットするのは、このように単なる偶然ではありません。

今後もさらに調査を進め、彼らイルミナティの秘密をことごとく暴いていきたいと思います。

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. やはり、ウイルスは存在しなかったんですね原価率ゼロの流行り病ビジネスですか、高度に洗脳された国民が気が付くまで続けるつもりですかね?

コメントを書く

*
*
* (公開されません)