RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

政府が海外企業による日本乗っ取りを促進 外国人幹部を2030年までに20万人にするとの目標を定める

政府は海外の企業経営者や経営幹部らの国内受け入れを増やし、2030年までに約20万人にするとの目標を決めました。

2019年の受け入れ実績は9.5万人で、約2倍に増やす方針です。

また、地方活性化も視野に外資系企業の誘致を促し、東京以外に拠点を置く企業の数を26年までに1万社に増やし、16年の4200社の2倍強にまで引き上げるとのことです。

ここ最近、法改正などによって李家による日本の乗っ取りが着実に進められていますが、そんな中、こうして日本政府は海外企業を優遇し、日本の乗っ取りを堂々と支援しようとしているわけです。

政府はコロナ禍を利用して日本の中小企業を叩き潰し、未だに営業時間などの制限を設けて弾圧しつづけていますが、その一方でこうした海外企業の参入を進めています。

しかも、外国人が日本で起業するための支援もどんどん拡充しています。

○国民を見捨て、外国人を優遇する日本政府:その2

さらに、コロナで破綻寸前まで追い詰めた企業や不動産を、タイミングを見計らって買収する“ハゲタカビジネス”も活況を呈しています。

○星野佳路は、創価学会と李家の「乗っ取り請負人」だった!!

○【大阪】創価学会 挙式スポットの「太閤園」買収

○創価企業ゴールドマン・サックスが日本乗っ取りに本腰 不動産投資を2500億円規模に拡大

このように日本でコロナ茶番を長引かせる目的は、李家をはじめとしたユダヤ人に様々な方面からこの日本を乗っ取らせるためだと言えるわけです。

日本人がこの国で安心して暮らしていくためにも、先ずはこのコロナ茶番を一刻も早く終わらせ、李家など悪なるユダヤ人の滅びを私たちが強力に祈らなければなりません。

○【菅内閣のブレーンは売国奴ばかり】パソナが人材支援と称し、大量の中国人を日本に移住させていることが発覚

○【李氏朝鮮の復活】李家による合法的な土地の乗っ取りを可能とする「土地規制法」が衆参両院で可決

○李家による日本乗っ取りのため「銀行法」「金融商品取引法」が改悪

○【仁風林接待の代償】西村大臣がテレワークを強要し、李家による日本乗っ取りを促進

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment