RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【アメリカ】最高裁でコロナワクチン接種の義務化差し止め バイデン政権に大打撃

, …

アメリカの連邦最高裁は13日、従業員100人以上の企業にコロナワクチン接種を義務付ける措置について、「政府の権限を越える」として停止を命じました。

バイデン政権の打ち出したワクチン義務化政策は、違反企業に対し約1万4000ドル(約160万円)の制裁金を科す厳しい内容で、約8400万人の労働者へ接種が実施される予定でしたが、司法による公正な判断によって大勢の国民の命が守られました。

今回の判決を受け、バイデン大統領は「最高裁が従業員の命を救う措置を妨げる選択をしたことに失望した」と声明を発表し、州や企業に対し、職員や従業員の接種推進を呼び掛けました。

現在、アメリカでワクチン接種を完了した人は、62.8%に留まっており、国民の約3分の1がマスクを着用せず、バイデン政権の方針に強く抵抗しています。

この勢いに乗って、世界中でワクチン接種義務化を差し止めする動きが強まり、多くの人々の命や生活が守られますことを心から祈ります。

○【アメリカ】コロナワクチン接種・ワクチンパスポートを義務付けた州から大量の国民が流出 中国人(李家)による侵略のため、意図的に人口流出を起こした可能性大

○【アメリカ・ロサンゼルス】警察官がコロナワクチン接種義務化に反対してパトロールをやめ、治安悪化・殺人事件が急増

○【アメリカ政治はただのショー】影武者のバイデン大統領がホワイトハウスの“セット”で3回目のコロナワクチンを接種 本物のバイデンは脳卒中で既に昏睡状態

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment