RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【欧州各国でコロナ茶番終了の兆し】スペイン、スイス、イギリスなどで過度な感染対策をやめる方向で検討

, …

スペイン、スイス、イギリスなどの欧州各国で、ワクチンの普及やオミクロンに感染してもほとんど重症化しないとの理由から、現在の状況を「エンデミック(特定の地域で普段から繰り返し発生する状態)」と見なし、過度な感染対策や制限をなくしていく動きが強まっています。

スペインのダリアス保健相は12日、「コロナの監視体制を見直す必要がある」と語り、感染の全件把握や、軽い症状の人への検査をやめることを検討していると明かしました。

また、スイスのコロナ対策を担当するベルセ内相も同日、「パンデミックからエンデミックへの転換点に来ているのかも知れない。まだ分からないが、オミクロン型は終わりの始まりかも知れない」と記者会見で語りました。

そして、イギリスでも早い段階からエンデミックに向けてた動きが見られ、ジャビド保健相は「英国はコロナとの共生を学ぶことについて世界をリードしている」と述べました。

このように欧州各国でコロナ茶番終了の兆しが見えつつあるわけですが、その一方で、WHOは11日の記者会見で「不確実なことが多くある。エンデミックと呼べる段階には入っていない」とし、「懸念される変異型はオミクロン型が最後ではない」などと未だに茶番を続けようと悪あがきしています。

しかしコロナ茶番を続けることで、一部のイルミナティだけが莫大な利益を得て、残りのイルミナティは経済的な不利益などを被らざるを得ない状況にあります。

さらに、これまでコロナ茶番を主導してきたビル・ゲイツも、米軍に死刑に処せられ、国民からの反発も日増しに強まる一方です。

○ビル・ゲイツ、10月1日に絞首刑が執行され死亡 首の骨が折れず、最後まで苦しみもがいて死ぬ

○コロナワクチン接種率70%を超すオランダで再びロックダウン 怒った国民が暴徒化、内戦状態に

このような背景から、茶番を継続したいと考えるイルミナティたちの影響力が弱まり、収束せざるを得ない状況へと変化しているのかも知れません。

このようにイルミナティの計画は着実に崩壊していますので、この勢いでさらに多くの人が洗脳から目覚め、イルミナティの支配から抜け出すことができますよう心から祈ります。

○スペイン最高裁「コロナウイルスは存在しない」との判決を下す 政府はウイルスの存在証明を提示できず

○【アメリカ】最高裁でコロナワクチン接種の義務化差し止め バイデン政権に大打撃

○マクロン大統領の「未接種者をうんざりさせたい」との発言に怒った国民が政治家に泥を投げつけて対抗

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment