RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

ビル・ゲイツ、10月1日に絞首刑が執行され死亡 首の骨が折れず、最後まで苦しみもがいて死ぬ

10月5日に予定されていたビル・ゲイツの死刑執行が早まり、10月1日に執行されたことが明らかになりました。

○【軍事法廷】ビル・ゲイツによる幼児誘拐・人身売買・少女殺害・レイプなどの凶悪犯罪の数々が明らかに ファイザーと結託した大量虐殺計画の証拠も提示される

○【アメリカ軍事法廷】ビル・ゲイツに有罪判決、10月5日に死刑執行へ 児童売買、小児性愛、ワクチンによる大量虐殺のかどで

アメリカ・グアンタナモ収容所の関係者がReal Raw Newsの記者に語ったところによると、ゲイツは最後の食事を拒み、1日午前の日の出とともに、新しく建設された絞首台へと連れて行かれたとのことです。

ゲイツは自分の死刑執行が早まったことを知り、「約束を破った軍部を非難する。私にこんなことはできない。あと4日しかないんだ。あなたは私に嘘をついた! ここの責任者と話がしたい。私はそう要求する!」と叫んだそうです。

しかし、判決の日付は暫定的なものであり、予告なしに変更される場合もあるとのことで、ゲイツの訴えは直ちに退けられました。

以下は、死刑が執行されたときの様子です。

ゲイツは壇上に誘導され、名札も階級も記章もない制服を着た兵士がゲイツの首に縄をかけて締め上げた。

海軍牧師が「ゲイツが来世で救いを得ることを願う」と言って最後の儀式を行った。

クランドール少将が、ゲイツに最後の言葉はあるかと尋ねた。

「私は無実だ。メリンダは嘘つきだ。私は善良な人間だ。慈善活動をしているし、常に法律を守ってきた。確かに、1975年には無免許運転、1977年にはスピード違反で逮捕されたが、それらは死刑判決に値するものではない…」とゲイツは言った。

「最後に何か言いたいことはないかと尋ねたんだ。小説を書けとは言っていない」とクランドール少将は言った。

クランドール少将はゲイツの横に立っている兵士に指示を出した。兵士がレバーを引くと、ゲイツの足元にあった落としドアが開いた。しかし、何かが間違っていた。

ゲイツの首はすぐには折れず、宙に浮いたまま、足をバタバタさせ、眼球は破裂するかのように膨らんでいた。

手錠をかけられた両腕がロープを掴もうとすると、ゴボゴボと喉が鳴る。

「クランドール少将の助手は、ゲイツを切り落とすべきかどうか尋ねたが、少将は技術的な問題があっても刑を執行すると言って断った。

ゲイツは生きたまま4~5分ほど吊られていたが、絞殺されてしまった。

絞殺されたゲイツ氏は、医師から『死んでいる』と言われたそうだ。ビル・ゲイツはもういない」と我々の情報源は語った。

このように、ビル・ゲイツは最後まで自分の非を認めることなく、「自分は善人だ」と言わんばかりに反論して死んだそうです。

本来ならば、一瞬で首の骨が折れて意識を失い、そのまま死亡するはずでしたが、骨が折れなかったため、最後まで苦しみもがいて死ぬこととなりました。

これまでビル・ゲイツ率いる群馬人脈は、自分たちに都合の悪い者たちを絞殺して排除してきましたが、今回はゲイツ自身が、これまで自分たちが行なってきたのと同じ方法で死ぬことになったわけです。

ビル・ゲイツは、出雲族(創価学会や李家)の筆頭として関連組織に大金をばら撒き、絶大な影響力を誇ってきましたが、そのゲイツも死んだため、出雲側の勢力はその資金源を絶たれたも同然の状態となりました。

したがって、出雲族の滅亡はもはや時間の問題となったわけですが、これに乗じて秦氏・ロスチャイルド本家の勢力が盛り返してきています。

○二階俊博が衆院選出馬の意向を表明するも批判殺到 トランプ復活により、次々と追い詰められる創価人脈(政治家、芸能人、スポーツ選手‥etc)

しかし、秦氏・ロスチャイルド本家の筆頭であるトランプ前大統領も、所詮はイルミナティの一員に過ぎません。

ですから、全人類が完全にイルミナティの支配から抜け出せるよう、これからも続けてイルミナティの滅びを強力にお祈りしなければなりません。

○【バイデンもトランプも小児性愛者】バイデンは娘に性的虐待 トランプも娘を溺愛し、エプスタインと親友

○トランプ前大統領、大規模集会でワクチン接種を勧め、人口削減に加担していることをバラして支持者から大ブーイング 

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment