RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【軍事法廷】ビル・ゲイツによる幼児誘拐・人身売買・少女殺害・レイプなどの凶悪犯罪の数々が明らかに ファイザーと結託した大量虐殺計画の証拠も提示される

, …

現在、7月末に米軍に逮捕された「ビル・ゲイツ」の軍事法廷が開かれており、ゲイツによる幼児誘拐・レイプ・少女殺害・人身売買・ワクチンによる大量虐殺の実態が明らかになっています。

○米軍がビル・ゲイツを逮捕 コロナワクチンによる大量虐殺と少女売春のかどで

第1日目の軍事法廷では、押収されたゲイツのノートパソコンやSDカードから得たビデオや画像がパネルに表示され、ジェフェリー・エプスタインとの関係について追及されました。

○ビル・ゲイツ軍事法廷 第一日目

押収されたビデオには、ゲイツとエプスタインが第三世界の子供たちを誘拐して高値で売ろうと計画している様子が映されていたとのことです。

以下は、法廷でのやりとりです。

ハンニンク副提督の最初の行動は、ゲイツとジェフリー・エプスタインを結びつけ、ゲイツがワイオミング州に所有していた牧場の地下にあるバンカーから運営していた児童売買組織との関係を明らかにすることだった。

彼は、軍が全国のゲイツの所有地を急襲した際に押収したノートパソコンやSDカードから得たビデオや画像をパネルに提示した。

その中には、ゲイツ氏とエプスタイン氏が、第三世界の子供たちを誘拐して高値で売りつける計画を立てている
が映っていた。

ビル・ゲイツはビデオの中で、「エルサルバドルは誘拐に適している」と言っていた。

「いや、肌の色が黒い子供の市場は今は少ない。ヒラリーでさえそれらを望んでいない。白人か白人風の子供がいちばん金になるんだ」とエプスタインは言った。

ビデオの中で、ビル・ゲイツは笑いながらニヤニヤしていた。

「前にやったように、ここで調達すればいいんだよ。誰も我々に触れることはできないだろう。私たちが絶縁されていることを確認した」

ハンニンク副提督はゲイツの弁護士に向かって言った。「あなたのクライアントはこの件について答えを持っていますか?」

もちろん、ゲイツの弁護人はこれを否定しましたが、さらなる証拠が突きつけられました。

ゲイツのパソコンから発見された、誘拐された子供たちのリストです。

そのスプレッドシートには65人の名前が書かれていた。

その65名とは、全米の国立公園を訪れた際に、不可解なことに行方不明になった子供たちである。

それぞれの名前の横には、25万ドルから300万ドルまでの金額と、子供の年齢、髪や目の色が書かれていた。

誘拐されたと推定される時点で、最年少は4歳だった。

さらに、ゲイツによる幼児誘拐を立証するため、元妻のメリンダが証言し、以下のようなやり取りをしました。

ハンニンク副提督が手にしたリモコンのボタンを押すと、天井の埋め込み式の開口部から大きなビデオスクリーンが下がってきた。

暫くして、ゲイツ氏の別居中の元妻メリンダがスクリーンに現れ、名前と被告人との関係を述べ、証言と引き換えに寛大な処置を受けたが、真実のみを話すことを認めた。

いつもは物腰の柔らかいゲイツ氏が、突然椅子から立ち上がり、手錠をかけられた手首をスクリーンに向かって振った。

「この金食い虫め。この女の言うことは信じられない」とゲイツは叫んだ。

ハンニンク副提督は、バルアルテに依頼人を拘束するように指示し、憲兵隊がそれをしないようにした。

「メリンダ・アン・フレンチ」とハンニンク副提督は、メリンダに旧姓で呼びかけた。

「あなたは、2017年8月14日に、あなたの元夫であるビル・ゲイツが、アメリカ国内と海外の両方で子供を誘拐させたと自慢しているのを聞きましたか?」彼女は肯定的に答えた。

「そして、他にも何度か」と彼女は付け加えた。

「彼女はそのことをあからさまに話しましたか?」とハンニンク副提督が尋ねた。

「彼はそうしました。彼は笑って、ニヤニヤしながら、自分とその仲間が家族から誘拐した子供の数をほのめかしていました」と彼女は答えた。

「彼は数字を言ったことがありますか?」

「でも、数千人とまではいかなくても、数百人単位であることは明らかです」とメリンダは言った。

「そして、あなたはその情報を伝えに来ようとは思わなかったのですか?」ハンニンク副提督が言った。

「私は豊かな生活を送っていましたが、彼は自分の秘密の生活を漏らしたら、その生活を奪うと脅しました。

彼は私を殺すと言っていました」とメリンダは言った。

さらに後日、裁判の続きが行われましたが、ゲイツは「ワクチン接種していなかったため、コロナに感染した」と嘘をついて仮病を装い、法廷を妨害しようとしたとのことです。

しかし、様々なコロナ検査を行った結果、陰性だったことが判明したとのことです。

その後、改めて軍事法廷第2日目が開かれ、ゲイツの犯してきた凶悪犯罪がさらに明らかになりました。

○ビル・ゲイツ軍事法廷 第2日目

今度は、ゲイツによる犯罪行為の後始末を行なってきた「スティーブン・シャープ」と名乗る人物が、ZOOMを通して証言しました。

ZOOMを使ったビデオに登場した彼は、ゲイツが勃起不全治療薬を服用したり、ED対策のためにアドレノクロムを注入したりするのを見たと法廷で述べた。

「あなたは個人的にこれを見たのですか?」ハンニンク副提督がシャープに尋ねた。

「何度かありました。ビルは自分で薬を買いに行くことはなかったので、私の責任のひとつは、言い方は悪いですが、彼のために薬を買いに行くことでした。

2回は私が点滴の準備をしました。そして、これだけは言えます。

事前にインポだったとしても、その後はインポではありませんでした。

私は、ビルがワイオミングの牧場の地下牢で未成年の少年少女とセックスしていたという絶対的な事実を知っています」とシャープ氏は語った。

さらにスティーブン・シャープは、ゲイツの犯罪が外部に漏れないよう、ネット上での情報操作を行い、ゲイツによる少女殺害の揉み消しまで行なってきたと証言しています。

スティーブン・シャープは、ワイオミングの牧場でビル・ゲイツとくつろいでいる写真を数枚、法廷で見せた。

そのうちの1枚は、ゲイツが担架に横たわり、頭上に迫るシャープがゲイツの左腕に点滴を打っている写真だった。

シャープは、ゲイツがアドレノクロムの点滴を受けている写真だと主張した。

さらに、シャープはゲイツが未成年の女性と思われる人たちに囲まれている画像を提示した。

「彼らは皆、薬漬けで、自分がどこにいるのか、何をしているのか分かりませんでした」とシャープは言った。

「そして、私は彼のために多くのことをしました。

私はサイバーセキュリティの専門家でもあり、インターネット上のビルのネガティブな報道を一掃するアルゴリズムで彼の仲間を助けました。

陰謀論的なものではなく、ビルに悪いイメージを与えるような実際の写真やビデオのことです。

そのようなものがインターネット上に出回ると、すぐに消去されてしまうのです。

ビルは、ワクチンに関する告発を気にしていませんでした。

たとえ100%真実であっても、アメリカのほとんどの人がデタラメだと思っているからです。

私の仕事は、何としても彼のパブリックイメージを維持することであり、私はそのために素晴らしい仕事をしました。

だからこそ、軍が彼の牧場を襲撃し、アルゴリズムを実行しているサーバーを見つけてシャットダウンするまで、彼とエプスタイン、あるいは彼と愛人の写真がインターネット上で公開されることはなかったのです」とシャープは語った。

シャープはさらに、アドレノクロムを注入したばかりの攻撃的なゲイツが、タイからアメリカに輸入した13歳の少女を殴って殺害した事件を紹介した。

シャープは、ゲイツの下で働いていた数年間に、同じような事件をいくつか「浄化」したと言った。

「ゲイツが子供を売買していたという個人的な知識はありますか?」とハンニンク副提督が尋ねた。

「あります。実際、ニューヨークとニュージャージー港に輸送用コンテナが到着したとき、私は2回ほど立ち会いました。

それぞれのコンテナには十数人の少年少女がいました。

はっきりしたサインはありませんでした。ビルはそれを確認していました。

彼は大金を払って、このことを水面下で黙っていたのです」とシャープは言った。

さらに、シャープはゲイツとの関係を証明するために給与明細書を作成した。

2枚にはゲイツのサインがあり、他の1枚には「Microsoft Corporation」のスタンプが押されていた。

10枚の半券はそれぞれ、スティーブン・シャープに365,000ドルが支払われていた。

元妻のメリンダも、ゲイツとスティーブン・シャープの関係を認め、「彼はビルのために、自分が言ったとおりのことをしました」「私の嘘の人生は終わりました。あの社会病質者とその策略からようやく解放されたことを嬉しく思います」と述べました。

そして、3日目の軍事法廷では、ゲイツによるワクチンを使った大量虐殺の実態が明らかになりました。

○ビル・ゲイツ軍事法廷 – 3日目

押収されたゲイツのパソコンから、ファイザー、メルク、ジョンソン・エンド・ジョンソンなどの大手製薬会社と秘密裏に取引をしていた証拠が提示されました。

そして、ゲイツがファイザーと結託し、10年前からワクチンに検出不可能な毒を混入して、接種者を大量虐殺する計画を実行していることが明らかにされました。

以下は、ゲイツとファイザー社のヘンリー・マッキネルCEOのメールのやり取りです。

2001年8月4日付の電子メールには、ゲイツがファイザー社のヘンリー・マッキネルCEO(当時)に提案した内容が記されている。

その内容は、まともな理性を持った人ならば、極悪非道な計画と考えるだろう。

予防接種に検出不可能な毒を混入し、接種者の小脳を長年かけてゆっくりと溶かし、同時に重要な臓器を侵食するというものだ。

このメールによると、症状が出るのは何年も先のことで、症状が出た場合、無知な臨床医は他の病気のせいにしたり、原因不明の臓器不全(末期疾患の原因を医師が正確に特定できない場合に用いられる予後不良)と判断したりするという。

症状が出てからでは遅いのである。

ゲイツは、自分の製品があらゆる治療法を打ち負かすことができると書いている。

この申し出によって、ファイザー社は何を得ることができるのだろうか。

ゲイツは、予防接種の安全性と有効性を向上させるファイザーの研究プログラムに年間1億5千万ドル、マッキネルのケイマン島の裏金に年間1千万ドルを「寄付」することに同意したのである。

ハンニンク副提督は、パネルの注目をマッキネルの返信メールに向けた。

「親愛なるゲイツ様」とハンニンク副提督は返信メールを読み上げ、「私たちの地球は人口過剰の危険な道を歩んでおり、最終的には社会に実際に利益をもたらす立場の人々のために資源を確保するために淘汰が必要であるというあなたの見解に共感していることはご存知のとおりです。

私の選択であれば、あなたのアイデアを素直に受け入れ、全力で推進します。

しかし、私も同僚も、まだ時期尚早だと感じていますし、このベンチャーは私や会社全体に罪を着せる危険性があると考えています。

病気の真の原因が公表されても、私やあなた、あるいは会社が罪を問われないような仕組みを作っておけば、今後も話し合いを続けることができます…」。

ゲイツからの返信によると、すでにゲイツの部下が250人を対象に、インフルエンザの予防接種に導入された薬の改良型を使った臨床試験を行ったとのことである。

このメールでは、どのような人たちがこの薬を受け取ったのかは明記されていなかったが、ゲイツは250人全員が薬を飲んで6か月後の同じ日に「死亡した」と書いていた。

これらの犯罪の証拠について、ビル・ゲイツも弁護人も否認していますが、彼らが不利な立場にあることは明白です。

この軍事法廷によりビルゲイツが厳正な裁きを受け、同時に、ゲイツと結託して悪事を行った全ての者たちが同じように裁きを受けて滅び去ることを心からお祈りいたします。

○2015年にビル・ゲイツがコロナウイルスの特許を申請していた!!

○米連邦最高裁でビル・ゲイツと大手製薬会社が敗訴 ワクチン接種が禁止される可能性も

○コロナワクチンを製造するモデルナ社は、元ナチスのIGファルベン しかも、ソロス、ファウチ、エプスタイン、ビル・ゲイツなど犯罪者集団によって運営されていた

○ビル・ゲイツこそアメリカの幼児誘拐・人身売買の首謀者だった!!

○【悪魔崇拝施設】東京から軽井沢のビル・ゲイツの別荘まで続く“地下通路”が存在していた!!

○【エプスタイン】ビル・ゲイツ夫婦の離婚は、少女を虐待し、生贄にする悪魔崇拝が原因だった!!

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment