RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

米軍がビル・ゲイツを逮捕 コロナワクチンによる大量虐殺と少女売春のかどで

米軍は7月27日、ビル・ゲイツを逮捕し、「児童売買をはじめとするアメリカとその国民に対する言語道断の犯罪」で告発したことを明らかにしました。

このニュースは、元主流派ジャーナリストで、元英語教師のMichael Baxter氏が運営する「Real Raw News」にて報じられました。

○REAL RAW NEWS 日本語版

米海軍法務顧問団の関係者がReal Raw Newsに語ったところによると、ビル・ゲイツは逮捕を免れるために何ヶ月も逃亡していたとのことです。

ビル・ゲイツは自らの人脈を利用し、なんとか軍の手から逃れていたそうですが、先月27日、サウスカロライナ州マートルビーチに密かに所有していた物件があり、そこに身を寄せていたところを逮捕されたそうです。

軍は、ゲイツがワクチンの販売で多額の利益を得、ファイザー社、モデナ社、ジョンソン・エンド・ジョンソン社のワクチンの共同販売で少なくとも100億ドル(日本円で1兆1000億円以上)を得ていることを指摘しています。

また、法務総監はゲイツに対し、ワクチン接種を受け、72時間以内に死亡した7,000人の米国民の死の責任をも追及しています。

さらにゲイツは、小児性愛者のジェフリー・エプスタインとともに運営していた児童売買組織の首謀者としても起訴されていました。

米海軍特殊部隊は、ワイオミング州北西部にあるゲイツの広大な牧場を襲撃し、奴隷として売られる前の子供たちを一時的に収容するために用いられていた地下壕を発見したそうです。

地下壕で回収されたSDカードには、パジャマ姿の少女がベッドに手錠をかけられ、母親を求めて泣き叫ぶ姿が映っており、子供にハイヒールやランジェリーを着せて、”新しいママとパパ “を喜ばせるように勧めるゲイツの声も一緒に録音されていたとのことです。

また、ビル・ゲイツの逮捕が成功したのは、妻・メリンダの協力があったからだと言われています。

軍は当初、ビル・ゲイツの逮捕に協力的でなかったメリンダに対し、彼女が児童売買の事実を知っていたことを証明する証拠を入手し、協力しなければビルと一緒に起訴されることを伝えました。

メリンダは軍の要請に応じ、逃亡中のゲイツをメールで誘い出し、彼が現れたところを軍が逮捕したとのことです。

現在、主要メディアではビル・ゲイツ逮捕について報じられていないため、このニュースが真実かどうか定かではありませんが、もし本当にビル・ゲイツが逮捕されたのであれば、今後ワクチンによる人口削減や幼児誘拐の実態がさらに暴かれ、関与した悪人どもが次々と摘発される可能性があります。

今後の主要メディアの報道やビル・ゲイツらの動きに注目ですが、こうした極悪人どもに厳正な裁きが下されることを心から祈ります。

○ビル・ゲイツこそアメリカの幼児誘拐・人身売買の首謀者だった!!

○【悪魔崇拝施設】東京から軽井沢のビル・ゲイツの別荘まで続く“地下通路”が存在していた!!

○ビル・ゲイツの別荘がついに完成 悪魔崇拝の拠点か

○軽井沢の「ビル・ゲイツの別荘」は悪魔崇拝のための宗教施設である可能性大。

○【エプスタイン】ビル・ゲイツ夫婦の離婚は、少女を虐待し、生贄にする悪魔崇拝が原因だった!!

○米連邦最高裁でビル・ゲイツと大手製薬会社が敗訴 ワクチン接種が禁止される可能性も

○【群馬人脈の終焉】慈善家ビル・ゲイツが、小児性愛者で不倫三昧、自宅で全裸・乱行パーティーを開催していたことが暴かれる

○2015年にビル・ゲイツがコロナウイルスの特許を申請していた!!

○ロシア公共放送が、ビル・ゲイツやローマクラブによる人口削減計画について大々的に報道

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment