RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

コロナワクチン接種率70%を超すオランダで再びロックダウン 怒った国民が暴徒化、内戦状態に

, …

コロナ感染対策の規制を解除したオランダで、再びコロナ茶番が再開され、ロックダウンに踏み切る事態となりました。

オランダのワクチン接種率は70%を超えており、副反応を発症した人たちをコロナに感染したとみなして、コロナ感染者を水増ししていることは間違いありません。

○【コロナ茶番のカラクリ】厚労省が「ワクチン接種後に発熱した人は、コロナに感染している可能性がある」と庶民を脅し、検査を受けさせて感染者を捏造していることが発覚

しかし、オランダの国民も既に「コロナは茶番に過ぎない」と気付いているため、ロックダウンを再開した政府に怒り狂い、暴徒化しています。

これではロックダウンで人命を守るどころか、怪我をしたりして命を危険に晒すことになる上、治安まで悪化してしまうため、本末転倒と言うしかありませせん。

そして、この日本においても、衆院選が終わったとたん、「第6波が来る」などと言って政府やマスコミが騒ぎはじめています。

したがって今後、オランダと全く同じシナリオで、日本でもコロナ茶番をさらに煽り、規制を強化していく可能性があります。

○【岸田内閣は安倍・菅内閣の焼き写し】李家の悲願である憲法改正議論を加速させる動き 緊急事態条項も

○【全ては計画通り】衆院選終了後、「コロナ第6波」が来ると騒ぎ出し、竹中平蔵や日本医師会のボロ儲けを画策する岸田内閣

○【コロナウィルスは選挙活動中は感染力がない】日本政府が「緊急事態宣言」を解除したのは、衆院選で聴衆を動員し、街頭演説を盛り上げるため

このようにイルミナティどもは未だにコロナを使って悪あがきしていますので、コロナ茶番に関わる全ての悪人たちが一人残らず滅ぼされますよう、続けて強力にお祈りしなければなりません。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment