RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

「コロナ対策の全撤廃」を掲げたデンマークで、感染者が激減 政府のコロナ対策によって感染者がでっち上げられていたことが証明される

, …

10月1日までにコロナ対策を全撤廃すると発表していたデンマークで、新規感染者が激減していることが明らかになりました。

○【デンマーク】コロナをインフルエンザと同等と見なし、感染対策を全て廃止

以下のグラフを見ると、9月に入り着実に感染者が激減しているのが見て取れます。

コロナ対策をやめたとたん、コロナ感染者が激減したということは、つまりコロナ対策など全く意味がないということであり、コロナ自体が全くの嘘デタラメだということです。

しかも、コロナ対策の全撤廃に伴い、デンマーク政府は10月9日までに全国のPCR検査センターを閉鎖するとも発表しています。

コロナ感染者は、インチキデタラメなPCR検査によって捏造されてきたことが判明していますので、PCR検査を完全にやめてしまうなら、今後、感染者は限りなく0に近付いていくに違いありません。

こうしてデンマークのデータから、コロナ茶番はすべて政府主導のコロナ対策によってでっち上げられていたことが明らかになりました。

したがって、この日本でも政府がコロナ対策を中止すれば、直ちに感染者数を0にすることができるでしょう。

日本政府のくだらないコロナ茶番をさっさと終わらせるためにも、私たちが一丸となって、コロナがいかにデタラメで、コロナ対策がいかに無意味であるかを、さらに広く情報拡散していかなければなりません。

○【報道関係者による内部告発】日本医師会はPCR検査が不正確であることを最初から知っている

○【コロナ茶番のカラクリ】厚労省が「ワクチン接種後に発熱した人は、コロナに感染している可能性がある」と庶民を脅し、検査を受けさせて感染者を捏造していることが発覚

○分科会・尾身会長のインスタグラム公式アカウントからサクラが消え、批判コメントばかりの惨状に 誰もコロナを信じていないことがバレてしまう

○【病床逼迫はやはり大嘘だった!!】東京都医師会の幹部らの病院でも“幽霊病床”を作り、莫大な補助金をぼったくっていたことが発覚

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment