RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【本人は既に死亡か?】「コロナはまがりなりにも収束した」と発言して批判を浴びた麻生太郎、実はゴムマスクを被った影武者だったことが発覚

ここ最近、麻生太郎はあまり記者団の前で発言することもなく、以前に比べて目立たなくなっていますが、たまに公に登場する麻生太郎も、他の議員と同じく、ゴムマスクを被った影武者に他ならないことが判明しました。

麻生太郎は7日、久しぶりの記者会見を開き、菅首相の不出馬について「コロナはまがりなりにも収束して国際社会の中の評価は極めて高い。そういった意味では『まっとうした』という思いが(菅首相に)あったことは確かだ。私はそこの部分が(不出馬表明の理由として)一番大きかったんじゃないのかなと思っている」と発言しましたが、これに対して多くの国民が《本気で言ってるんだろうか…曲がりなりにも? 認識が曲がりすぎじゃないですか?》 《いつから感染症専門家になったの?》 《これはダメだよ。コロナ対策に専念したいと言う菅さんの言葉とは逆のこと言ってる。麻生さんが、菅さんを潰しにかかってる》 《麻生さん、コロナ収束は一体どこ見たらそんなこと言えんのだし、そもそも菅さんの退任理由と全く反対のこと言ってるし、何考えてんのとしか言えないよ 頼むから引退して》などと激しく批判しました。

しかも、このときの麻生太郎の耳に不自然なラインができており、明らかにゴムマスクを被った影武者であることが発覚、波紋を呼んでいます。

また、サングラスにマスク姿で登場した麻生太郎も、耳たぶの途中から明らかに肌色が変わり、不自然なラインができていることから、ゴムマスクを被った影武者であることが発覚しています。

このように偽物ばかりが登場している以上、本物の麻生太郎は既に死亡している可能性が高いと言えます。

過去の記事でも述べました通り、安倍晋三や小池百合子、菅義偉らは、もう既に死亡していることが確実と見られていますが、麻生太郎もやはり例外ではないのかも知れません。

○【菅首相も死亡した可能性大】辞任表明後に病院で受診 安倍晋三が辞任・死亡したときの状況と酷似

○菅首相と小池都知事がパラ功労章の授与式を揃って欠席 ますます広がる「死亡説」

○【死亡確定】小池百合子、先月20日からツイッターを一切更新せず 6月20日は小池そっくりの嵯峨浩の命日

あるいは病気などで公の場に立つことのできない状態になっている可能性もあります。

これまで麻生太郎は、小泉純一郎や安倍晋三などの在日勢力とともに国民から集めた税金を食い物にし、かつ日銀の金をも私物化し、暴利を貪ってきましたので、ここに来てついにその報いを受けたのかも知れません。

日本の富を吸い尽くす彼らのような寄生虫どもが、一刻も早くこの世から滅び去るよう、続けて強力にお祈りしなければなりません。

○天皇家一族の重鎮「麻生太郎」という巨悪。

○「麻生太郎」こそイルミナティの計画する主要な悪事の中心的な実行犯である。

 ○RAPT×読者対談〈第130弾〉エボラ熱を広めた犯人は麻生太郎である。(現代日本を支配する藤原家=麻生家の闇)

 ○RAPT×読者対談〈第129弾〉日本は在日ヤクザに牛耳られている。(麻生太郎と朝堂院大覚と嵯峨天皇)

 ○RAPT×読者対談〈第126弾〉麻生太郎と悪魔崇拝。麻生太郎がこの世界の中心になろうとしている現実。

 ○RAPT×読者対談〈第125弾〉どこからどう陰謀論を語っても全て「麻生太郎」につながるという現実。

○「麻生太郎」一族が「関東大震災」「阪神大震災」「東日本大震災」の主犯であると見られる幾つもの証拠。

 ○「森友学園」問題の本当のカラクリ。日本の政治もマスコミも「麻生太郎」のために動かされている。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment