RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【完全解明】三浦春馬の死の謎 創価学会と少女売春の闇

YouTubeチャンネルの「KAWATAとNANAのRAPT理論」に、新しい動画をアップいたしました。

今回の対談では、三浦春馬の死の謎について、RAPT理論を通して新たに解明されたことをお話しています。

三浦春馬は生前、インスタグラムなどを通してイルミナティが行う幼児誘拐・性的虐待・少女買春・悪魔崇拝儀式といったものの実態を告発しようとしたため、暗殺されたと言われています。

そして、一連の凶悪犯罪には創価学会が組織的に関与していることがRAPT理論によって解明されました。

実はこの日本においても、毎年数万人もの子どもたちが行方不明になっており、彼らが行方不明になったまま発見されないのは、誘拐から遺体の運搬、処理までを創価学会の関係者たちが組織的に行っているからです。

日本人は、日本が平和な国であるかのように洗脳されていますが、実は庶民の目の届かないところで多くの幼い命が犠牲になっているのです。

今回の対談は、以下の動画や記事に基づいてお話していますが、対談の内容をさらに深く理解していただくためにも、ぜひ一通り目を通していただけたらと思います。

○ビル・ゲイツの別荘は、JAL123便事故を起こした犯人たち(九鬼家、青山家、李家)の悪魔崇拝施設だった!!

○【エプスタイン】ビル・ゲイツ夫婦の離婚は、少女を虐待し、生贄にする悪魔崇拝が原因だった!!

○幼児誘拐が増えている今、創価=ベネッセの個人情報の流出は大変危険です。

○ベネッセ事件犯人のねつ造。小5女児監禁事件のねつ造。これらの事実は警察が裏社会の構成員であることを意味する。

○ベネッセ・ユニセフ・外務省・皇室・創価学会との奇妙なつながり。この日本はごく一握りの人間によって支配されている。

○急増する幼児誘拐と創価=ベネッセの個人情報流出との明らかな関連性が見えてきました。核心は「日本ユニセフ」です。

○ベネッセとパソナの不可解なつながり。安藤忠雄も司馬遼太郎も……創価学会員は常に金融ユダヤの下で一つの輪となって動いている。

○有吉弘行、三浦春馬の死を予告、かつ侮辱し大炎上

○【三浦春馬の死】創価企業アミューズ 真相を暴くサイトをデマと決め付け脅迫

○【殺害事件から1年】三浦春馬を暗殺した黒幕は「竹中平蔵」である可能性大

○【三浦春馬の死の謎に迫る】Googleで「エプタイン島」と検索すると「豊島」がヒットする怪!! 淡路島やディズニーランド、ジブリの森も

○【三浦春馬の死の謎に迫るⅡ】竹中平蔵は出口王任三郎の子孫 パソナ島と化した淡路島も、王任三郎の重視する「エプスタイン島」だった

○【三浦春馬の死の謎に迫るⅢ】東京ディズニーランドも三鷹の森ジブリ美術館も「エプスタイン島」 エプスタインとディズニーと群馬人脈(竹中平蔵・笹川良一)の深い繋がり

○【RAPT氏の対談】日本を破壊し、食い尽くしてきた「竹中平蔵」(熱海災害・東京五輪・コロナ・集団ストーカー・三浦春馬殺害 )

○【半沢直樹】堺雅人は、少女買春の元締め「ジェフリー・エプスタイン」の親戚である可能性大

○【少女の性的虐待】ゲイツ夫妻の離婚原因は、ビル・ゲイツとエプスタインの蜜月関係にあった!!

○ビル・ゲイツこそアメリカの幼児誘拐・人身売買の首謀者だった!!

○【悪魔崇拝施設】東京から軽井沢のビル・ゲイツの別荘まで続く“地下通路”が存在していた!!

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By レア·アース

    ラプト理路 
    You Tube応援しております。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment