RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【表面化するテレビ業界の衰退】フジテレビが希望退職者募集へ 満50歳以上の社員を対象

フジ・メディア・ホールディングスは、連結子会社のフジテレビジョンで早期退職者を募集すると発表しました。

対象は、勤続年数10年以上、かつ2022年3月31日時点で満50歳以上になる社員としており、優遇措置として通常の退職金に加え、特別有価加算金を支給するとのことです。

この報道を受け、ネット上では“反日メディアの代表格”とも言えるフジテレビの衰退に、喜ぶ声が多数上がっています。

これまで各テレビ局は、コロナ茶番を大いに煽り、国民を騙して危険なコロナワクチンの接種を促してきたため、日本中から忌み嫌われ、収益も大幅に減少しています。

○【自業自得】コロナを煽りすぎて民放キー局5社とも収益減 加速する国民のテレビ離れ

○【コロナ茶番を煽りつづけた成れの果て】国民のテレビ離れが加速 総務省が慌てて検討会を開く

したがって、今後はフジだけでなく、他のテレビ局でも早期退職を募る動きが出てくるに違いありません。

また、今回フジの早期退職について速報を流したのは、TBSだったそうです。

TBSの筆頭株主は、秦氏側に属する麻生太郎であり、創価学会とズブズブの関係にあるフジとは相容れないところがあり、嫌味を込めて“速報”として大々的に報道したに違いありません。

しかし、TBSもフジと同じく反日メディアに他ならず、既に国民からの信用も失っていますので、他人のことをとやかく言えるような立場ではありません。

○創価人脈の「太田光」が選挙特番で暴言・失言を連発して炎上 妻の光代が他人のフリをして夫を擁護し、さらに炎上 夫婦揃って社会的信用を失う

嘘ばかり垂れ流すテレビ局は、国民にとって害悪でしかなく、もはや誰も必要としていませんので、いっそのこと全て倒産することを心から願うばかりです。

○【集団ストーカーに関与する創価企業パナソニックに滅亡の兆し】希望退職者1000人超、ブラック企業に嫌気がさした将来有望な社員まで退職

○朝日新聞の若手記者「森田岳穂」が、創価企業パナソニックの批判記事を書いた4日後に不可解な自殺

○創価、中共、韓国と一体化した反日NHK、東京五輪開会式でドローンの描いた「日の丸」放送せず

○【反日メディアNHK】マスクをした子供たちに鍵盤ハーモニカを演奏させる学校を絶賛して報道し、批判殺到

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment