RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【政府発行のデジタルワクチンパスポート】登録にマイナンバーカードが必須 差別と分断を生む政策に批判殺到

政府は13日、ワクチンパスポートアプリの使い方を報道陣に公開しました。

このアプリを利用する際、創価学会の利権となっているマイナンバーカードが必須とのことで、カードをスマホにかざし、本人確認をした上で、パスワードを入力しなければならない面倒な仕組みとなっています。

○【創価の儲け話】 マイナンバー事業の業者選定8割が出来レース

○マイナンバーに8800億円?! 日本政府の税金の無駄遣いの実態

また、接種証明はデジタル庁によって運用されている誤入力だらけの「ワクチン接種記録システム(VRS)」のデータに基づいています。

○【デジタル庁】トラブル続きの接種記録システム「VRS」で 500万件の誤登録 接種記録を無にされる可能性も

したがって、誤入力されていた場合は自治体に申し出て、わざわざ修正してもらわなければなりません。

この報道を受け、Yahoo!ニュースのコメント欄では、「差別に繋がるからやめてほしい」「こんな煩わしいもの誰も使わない」「政府の思惑が見え見えすぎる」といった批判が殺到しています。

これまでデジタル庁は、数々の失態を繰り返しており、発足前から既に国民からの信用を失っています。

○【失態が続くデジタル庁】コロナ対策の入国者システムでパスポート画像など個人情報が第三者から閲覧可能な状態に COCOAにも不具合が続出

○【小山田圭吾のはとこ】少女売春のエプスタインと親交のあった伊藤穰一が、デジタル庁のトップに就任

○政府が子供の個人情報を一元化する「こどもデータベース」構築へ 幼児誘拐や人身売買に悪用される可能性大

しかも、過去の記事でも述べました通り、ワクチンパスポートは最終的に国民の銀行口座などの重要な情報まで紐付けて、国民を完全に管理下に置いてしまうものです。

○投資銀行家フィッツ女史の警告「ワクチンパスポート導入は、人間の自由の終焉を意味する」

そもそも、マイナンバーカードを作ること自体、創価学会に個人情報を預けるようなものですから、いつ中国や韓国や犯罪組織に横流しされるかも分かりません。

岸田内閣は、ワクチンパスポートを強引に普及させようと悪あがきしていますので、彼らの計画が完全に頓挫するよう、強力にお祈りしなければなりません。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment