RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

政府が子供の個人情報を一元化する「こどもデータベース」構築へ 幼児誘拐や人身売買に悪用される可能性大

政府は23日、子どもの貧困、虐待を防ぐため、家庭の経済状況や子どもの学力といった幅広い情報を一元化するデータベースを構築することを明らかにしました。

困難を抱える子どもを早期に見付け出して支援につなげる狙いで、月内にも関係副大臣会合を設置するとのことです。

これは岸田政権が推進するデジタル改革の一環で、デジタル庁を中心に関係省庁の副大臣らで議論を進め、データベースで扱う個人情報に関する指針を作成し、早ければ2023年度の全国展開を目指すとのことです。

しかし、過去には創価企業のベネッセによる個人情報流出事件などによって、子供の安全を脅かす事態になったこともあり、今回のこうした政府の動きを懸念する声も少なくありません。

○幼児誘拐が増えている今、創価=ベネッセの個人情報の流出は大変危険です。

そもそも岸田政権は、幼児誘拐・少女売春の元締めである創価学会と一体となっており、そんな政府に子供たちの情報を掌握され、管理されるなど、あまりに危険だと言わざるを得ません。

○【完全解明】三浦春馬の死の謎 創価学会と少女売春の闇

しかも、子どもの学力だけでなく、貧困の度合いや一人親かどうかなど、細かい家庭環境の情報まで把握されるというのは、まるで政府に集団ストーカーされるのも同然だと言えますし、創価学会が幼児誘拐の元締めである以上、こうしたデータベースを幼児誘拐のターゲットを絞るために悪用したとしても何ら不思議ではありません。

現在、岸田文雄本人はあまり目立った行動に出ていませんが、こうして着実に創価学会や李家の利益となる政治を行って国民を家畜化しようとしていますので、岸田文雄をはじめとした李家、創価学会の滅びを強力にお祈りしなければなりません。

○ベネッセ事件犯人のねつ造。小5女児監禁事件のねつ造。これらの事実は警察が裏社会の構成員であることを意味する。

○ベネッセ・ユニセフ・外務省・皇室・創価学会との奇妙なつながり。この日本はごく一握りの人間によって支配されている。

○急増する幼児誘拐と創価=ベネッセの個人情報流出との明らかな関連性が見えてきました。核心は「日本ユニセフ」です。

○ベネッセとパソナの不可解なつながり。安藤忠雄も司馬遼太郎も……創価学会員は常に金融ユダヤの下で一つの輪となって動いている。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment