【ひろゆきの妻「西村ゆか」が帯状疱疹に】「ひろゆきは中国共産党員」との疑いを払拭するため、「コロナワクチンの危険性を知らずに接種し、副反応を発症した」と嘘をつく

【ひろゆきの妻「西村ゆか」が帯状疱疹に】「ひろゆきは中国共産党員」との疑いを払拭するため、「コロナワクチンの危険性を知らずに接種し、副反応を発症した」と嘘をつく

2ちゃんねるの創設者「ひろゆき」の妻「西村ゆか」が14日、自身のTwitterを更新し、帯状疱疹を発症したことを報告しました。

ツイートによると、13日から症状が出はじめ、抗ウイルス薬や神経痛の痛み止めを服用したそうですが、薬の副作用によって意識が朦朧とし、仕事もままならない状況にあるようです。

帯状疱疹は、免疫力の低下によって、皮膚の表面に強い痛みや痒みを伴う水ぶくれができ、治癒した後も刺すような神経痛を繰り返すという、とても厄介な病気です。

昨年、コロナワクチン接種が開始されて以降、帯状疱疹を発症する人が激増しており、マスコミも大きく取り上げるようになりました。

○【マッチポンプ】コロナワクチン接種後の免疫力低下により「帯状疱疹」を発症する人が続出し、帯状疱疹用のワクチンを推奨する動きが活発化

西村ゆかも、昨年6月にTwitterを通じてワクチンを接種したと報告していることから、副反応によって帯状疱疹を発症したものと考えられます。

しかし、過去の記事でも述べました通り、夫の「ひろゆき」はコロナワクチン接種を強く推奨し、中国共産党による大量殺戮計画に大きく貢献してきた人物です。

したがって、西村ゆかが本当にコロナワクチンを接種したとは、とても考えられません。

○「ひろゆき」は中国共産党員である可能性大 中共の広報紙・創価新聞から取材を受け、顔写真付きでインタビューが掲載されていたことが判明

○【工作失敗】李家のひろゆきが「コロナワクチンの副作用は心の持ちようで発症する」と誰でも嘘と分かるデタラメを言い、ワクチンの危険性を完全否定

○【論破王ならぬデマ王】李家のひろゆきが「フランスではワクチン未接種者は病院に入れなくなる」と述べるも、同国在住者に即座にデマだとバラされる

実際、西村ゆか自身も「こびナビ」と結託して、多くの有害事象を発生させた「子宮頸がんワクチン」の接種を大きく推奨し、人口削減計画に関与してきたことから、彼女もまた夫のひろゆき同様、中国共産党員であるとの疑いは払拭できません。

○「こびナビ」が厚労省主催の「上手な医療のかかり方アワード」で最優秀賞受賞 コロナ茶番を煽り中国共産党主導の大量殺戮に加担した功績が認められる

ひろゆきが中国共産党員だと暴かれ、ネット上で拡散されつつあることから、その疑いを払拭しようと、「妻がワクチンの危険性を知らずに接種し、副反応で帯状疱疹を発症した」という状況をでっち上げ、「自分たちは夫婦ともども中国共産党とは無関係」であると国民の前で偽装しようとしている可能性があります。

ここ最近、西村ゆかが、ひろゆきとの夫婦生活を描いた漫画本を発売しましたが、それもまた国民に良い印象を与えるための工作の一環に過ぎませんので、騙されないよう十分に注意しなければなりません。

中国共産党に与し、国民の命と健康を脅かしてきた「ひろゆき」や「西村ゆか」をはじめ、全ての悪人たちに厳正な裁きが下りますことを心から祈ります。

○ひろゆきは日本で分断工作を実行する中国共産党員だった!! 「日本と韓国は仲良くしない方がよい」と主張

○「ひろゆき」は中国共産党員である可能性大 中共の広報紙・創価新聞から取材を受け、顔写真付きでインタビューが掲載されていたことが判明

○コロナワクチンを接種した少6女児、発熱や胸焼け、食欲不振、口腔カンジタ、帯状疱疹を発症し、修学旅行にも行けず

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 西村ゆか
    去年に3回目接種済み (2021/12/21)
    https://twitter.com/uekky/status/1472963379375620097

    ひろゆき本人も3回目接種済み
    https://hochi.news/articles/20211220-OHT1T51030.html?page=1

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment