RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【論破王ならぬデマ王】李家のひろゆきが「フランスではワクチン未接種者は病院に入れなくなる」と述べるも、同国在住者に即座にデマだとバラされる

ここ最近、コロナワクチンの宣伝マンと成り下がっている「ひろゆき」ですが、YouTube動画の中で「フランスでは今後、未接種者が病院に入れなくなる」などとデマを拡散し、視聴者の不安を煽っています。

以下は、問題の動画の切り抜きです。

ひろゆきの説明によると、今後フランスでは、ワクチンパスポートを持っていない人は救急車に乗る以外は、病院を利用できなくなると述べています。

しかしこの発言に対し、フランス在住の視聴者がひろゆきの話は全くのデタラメだと否定しています。

フランスでは、ワクチン接種義務化の法案が否決されているとのことで、しっかりとした理由さえあればワクチンパスポートがなくとも病院に行けるそうです。

また、学校で未接種の子供が差別的に扱われることもないそうです。

「フランス在住の者ですがこの方の言っていることを鵜呑みにしてはいけません。

我が家は仕事柄ワクチンを接種していますが、接種されていない方もたくさんいて、しっかりとした理由があればパスポートがなくとも病院に行けますし、救急車に乗らなければ治療が受けられないなんてことはありません。

うちの子供の学校でもワクチンを接種していない子はたくさんいますし、そうした子が「そういう家庭なのね」なんて愚かな偏見で見られることもありません。

ほんとうにこの方は無責任で非常識だと思います。

あとフランスではワクチン強制の法案が否決されていますので情報も間違っています。なんでこの人がこんなに人気なのか日本が心配になります。」

このようにひろゆきは、平然と嘘をついて日本人を騙しているわけですが、ここまで来ると、視聴者の方も指摘しているように、本当にフランスに在住しているのかどうかも怪しいとしか言いようがありません。

また、この動画では、「未接種者は頭が悪い」「反ワクチンはクズ」「ワクチンを打たない人の多くは低収入」などと言って、ワクチン接種を拒否している人たちを目の敵にして悪口を言っています。

一方、動画の視聴者たちは、ワクチンをごり押しするひろゆきの言動に対し、批判の声を上げています。

このようにひろゆきは、現地の在住者ならすぐに分かるようなデタラメを言って日本人を騙そうとする詐欺師に過ぎません。

ここまでワクチンをゴリ押しする以上は、是非ともひろゆき自身のワクチン接種証明書を見せてもらいたいものです。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment