RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【創価企業Google】コロナワクチン未接種の社員を解雇へ 人権すら奪う超ブラック企業

, …

創価企業グーグルは、コロナワクチン接種義務化の規則に従わない従業員に対し、「無給扱い」とし、最終的に解雇を通知したことが明らかになりました。

経営陣が配布した内部メモによると、従業員に対し、12月3日までにワクチン接種状況を申告して、証明書類をアップロードするか、健康上や宗教上の理由による接種免除を申請するよう指示したとのことです。

それ以降に接種状況をアップロードしていない、あるいはワクチン未接種の従業員、免除を認められなかった従業員には連絡を取り、来年1月18日までに接種規則に従わない従業員は、30日間の「有給休職」となった後、最長6カ月間の「無給パーソナル休暇」に入り、その後、解雇されるとのことです。

同社は今月、オミクロン株への懸念やワクチン接種義務化に対する従業員の抵抗を受け、全世界で1月のオフィス復帰計画を無期限で先送りすると発表しています。

これまでグーグルは、従業員にワクチンを接種させるために、未接種者の給与を減らすなどといった卑劣な嫌がらせをしてきましたが、ついに最終手段に打って出たようです。

○創価企業のGoogleがブラック企業化 在宅勤務を続ける職員の給与最大25%削減し、コロナワクチンを強要 

○【社員をも殺戮する創価企業Google】在宅勤務者にもコロナワクチン接種を義務付け 社員600人が反対署名

現在、グーグルをはじめとしたテック企業のほとんど全てが、インド人に支配されていることが分かっています。

インドには、古くから多くのユダヤ人が住み着いていることから、サンダー・ピチャイCEOも人口削減を生業にしてきたユダヤ人の一味であることは間違いありません。

○コーチン・ユダヤ人

彼らユダヤ人は、庶民をゴイムと称して、虫ケラのように扱っており、だからこそ今回、こうして全社員に殺人兵器であるコロナワクチンを強制的に接種させることにしたのでしょう。

世界を混乱に貶め、大量殺戮によって人々を苦しめてきたグーグル、そして悪なるユダヤ人たちが一刻も早く滅び去りますことを心から祈ります。

○【創価企業Googleはワクチン会社だった】収集したユーザーのプライバシー情報を製薬会社に提供し、ワクチン製造に直接的に関与

○【創価企業Googleの元社員による内部告発】Googleは検索結果もYouTubeの再生回数やいいね!も全て操作し、庶民を洗脳してアメリカの国家転覆を謀っている

○創価企業Googleが気候変動を否定するコンテンツへの広告配信停止を発表 さらなる言論弾圧に乗り出す

○【超ブラック企業Google】元社員3人が「邪悪になるな」という行動規範に従って行動したら解雇されたと提訴

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment