RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【コロナ茶番の首謀者ビル・ゲイツ】数年前からワクチンパスポートの追跡システム作成のため、マサチューセッツ工科大学に資金提供していたことが発覚

, …

コロナ茶番の首謀者である「ビル・ゲイツ」は、コロナ以前から、ワクチン接種者を追跡して記録する「ワクチンパスポートシステム」の作成のために、ビル&メリンダ・ゲイツ財団を介して資金提供していたことが判明しました。

マサチューセッツ工科大学で研究が行われ、目視できない「色素」を皮下に注射することで、患者の接種履歴の記録を可能にする方法を開発し、2019年12月のニュースリリースで明らかにされていたとのことです。

この特殊色素は、従来の注射器や針ではなく、「マイクロニードルパッチ」で投与するように設計されており、色素とワクチンに加えて、溶解可能な砂糖とPVAという高分子を混合して作られているそうです。

パッチを皮膚に貼ると、長さ1.5ミリのマイクロニードルが部分的に溶解する仕組みとなっています。

マイクロニードルパッチ(イメージ)

この色素は、スマートフォンで読み取ることのできる、わずかな赤外線を放射しているとのことで、何年も体内に残り、色素のパターンを変えることで、接種したワクチンの種類や何回接種したかなどを体内に記録できるようです。

現在、ツイッター上では、AndroidのスマホでBluetoothを検索すると、コロナワクチンの接種者に反応することが指摘されています。

したがって、もう既にビル・ゲイツとマサチューセッツ工科大学の研究が利用されている可能性が高いと言えます。

https://twitter.com/riru_riru34/status/1441612055799156736?s=21

このように彼らがやたらとワクチン接種の記録を残したがるのは、接種を義務化して一度でも怠った庶民をすぐに特定し、徹底的に人口削減を行なっていくために他なりません。

しかし、ビル・ゲイツは既に米軍によって死刑に処せられたため、これまで彼から支援を受けてきた組織も資金源を失ってしまいました。

○ビル・ゲイツ、10月1日に絞首刑が執行され死亡 首の骨が折れず、最後まで苦しみもがいて死ぬ

それでも未だにワクチンパスポートを義務化しようと、世界中ではイルミナティたちが悪あがきしていますが、彼らの計画は今後ますます先細りしていくに違いありません。

ワクチンパスポートの義務化は、人権の喪失を意味すると言っても過言ではありませんので、この事実をさらに多くの人たちとシェアして、自由に生きる権利を最後まで守り通さなければなりません。

○ビル・ゲイツには日本人の血が流れている

○【軍事法廷】ビル・ゲイツによる幼児誘拐・人身売買・少女殺害・レイプなどの凶悪犯罪の数々が明らかに ファイザーと結託した大量虐殺計画の証拠も提示される

○投資銀行家フィッツ女史の警告「ワクチンパスポート導入は、人間の自由の終焉を意味する」

○政府が飲食店・旅行の予約サイトとワクチンパスポートとの連携を見送り アンケートでは95.4%もの人が活用しないと回答

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment