RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

コロナワクチン接種後に深刻な脱毛に悩まされる被害者が続出 韓国では240件の申告

, …

コロナワクチンの副作用で苦しむ被害者が続出する中、深刻な脱毛症状が多数報告されていることが明らかになりました。

ツイッター上では、多くの被害者たちが「接種後、大量に髪の毛が抜け始めた」と訴えており、そのせいで鬱になってしまった人もいるとのことです。

以下のブログ記事では、コロナワクチンを接種した女性の髪の毛がどんどん抜けていく様子を掲載し、大きな反響を呼んでいます。

○コロナワクチン後から始まったおハゲの軌跡〜

https://twitter.com/seigihakatta/status/1443418984628436995?s=21

また韓国でも、ワクチン接種後に脱毛を申告した事例が240件に上り、アストラゼネカ98件、ファイザー71件、モデルナ65件、ヤンセン6件と、どのワクチンでも脱毛が見られたとのことです。

しかし、こうした副反応とワクチンの因果関係は、政府から一切認められていないため、被害者も泣き寝入りするしかない状況となっています。

髪の毛は、その人の印象に大きく影響するため、脱毛によって精神的にも深刻なダメージを及ぼす恐れがありますし、そもそも、体内で何か深刻な異変が起こっている可能性も十分に考えられます。

このような副反応に悩まされている人たちが大勢いますので、同調圧力に負けることなく、最後までワクチン接種を拒否して、自らの健康と命を守り通さなければなりません。

○コロナワクチン接種後の副反応が原因で、トラックドライバーによる事故が多発 接種者の運転能力が著しく低下

○【オーストラリア】ワクチン接種済みの議員が、テレビ中継中に突如倒れる 他の政治家や海軍兵たちにも深刻な副反応

○コロナワクチン接種の副反応で小学6年生の女児が死亡 学校側は「不慮の事故」として真実を隠蔽

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment