RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

安倍晋三の親戚「斎木陽平」 が“ゲイ”だとカミングアウトし、LGBT思想を広めるために衆院選の立候補を検討

安倍晋三の親戚である「斎木陽平」が今年2月にゲイであるとカミングアウトし、現在、次期衆院選への立候補を検討していることが明らかになりました。

斎木陽平は、AO入試専門塾「AO義塾」塾長・Loohcs株式会社代表取締役、一般社団法人リビジョン代表理事に就任し、“未来の政治家”候補・“李家のプリンス”として華々しい活躍を見せてきました。

しかし「AO義塾」は、上級国民の子供たちが、東大などの一流大学に裏口入学するために設立されたということがRAPT理論によって暴かれています。

 ○RAPT×読者対談〈第116弾〉受験戦争の闇。イルミナティの裏口入学。

斎木陽平は、今年2月に音声SNSアプリ「Clubhouse」で、涙ながらにゲイであることをカミングアウトし、一部の支持者から賞賛されていました。

○斎木陽平さんが、Clubhouseでゲイをカミングアウトするまで

しかし「LGBTを差別してはいけない」「LGBTは素晴らしい」という考え方は、大本教などのカルト思想に他ならず、人々の精神を破壊する危険なものです。

○「LGBT」は利権。LGBT推進の犯人はカルト宗教「大本教」・「生長の家」です。

○自民党議員が「種の保存に背く」とLGBTを批判し、逆に批判される 差別禁止で小児性愛までもが“多様性”と認められる時代へ

○第二のジョン・タイター「國分玲」の正体は李家や創価学会の手先!! ツイートの内容は今後のイルミナティの計画

○【創価かつ佳子様の親戚】宇多田ヒカルがノンバイナリー(エックスジェンダー)であることを告白

イルミナティの間では、同性愛がコミュニケーションの一つとなっており、有名な政治家の多くもホモ行為などに耽っていることが明らかになっていますが、現在は李家(群馬人脈)の広報担当である「電通」がLGBTを宣伝し、国民に「LGBTは素晴らしい」と洗脳し、その延長で小児性愛まで容認される世の中を作り上げようとしています。

○政治を司る者が衆道のたしなみとはこれ如何に。

○イルミナティはLGBTと一緒に小児性愛までも普及させようと目論んでいる

斎木陽平は、「慶應義塾大学法学部政治学科」から大学院まで進学していますが、その慶應でもホモ行為が当たり前のように行われていることが分かっています。

過去に「慶應義塾大学病院」の研修医らが、懇親会の場でホモ行為をしていたとして、週刊文春が大きく報じました。

つまり、上級国民たちの間では、こうしたホモ行為が日常的に行われているということです。

○創価学会はセクハラもホモも当たり前の世界だった!!

ですから、国民に「LGBTを差別してはいけない」と洗脳して、自分たちの立場を守り、この世のモラルまで破壊しようとしているわけです。

このように斎木陽平は、LGBT思想を広める宣伝マンに他なりませんので、日本のモラルを守るためにも、彼を政治家に擁立する動きを徹底的に糾弾し、阻止しなければなりません。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment