RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【池田大作が主導した日中国交正常化によって、日本乗っ取り計画が始まった】50周年を記念して中国大使館の楊宇公使が創価大学を訪問

駐日中国大使館の楊宇公使は13日、日中国交正常化50周年を記念して創価大学を訪問し、馬場学長と面会しました。

馬場学長は、「日中国交正常化50周年を機に、引き続き日中友好交流に取り組み両国の相互理解と友好の増進、日中関係の改善に貢献してまいります」「 北京五輪の成功を祈るとともにこれを機に日中両国が様々な交流を行うことを期待します」と挨拶しました。

この日中国交正常化を実現させたのは「池田大作」であり、彼は中国マフィア「青幇」の首領である「黄金栄」の血を色濃く受け継いでいることが判明しています。

そして、日中国交正常化を実現させたことによって、中国マフィアの李家一味が次々と日本に侵入し、日本の国土を容易に乗っ取ることが可能となってしまいました。

○【李家の工作員】三合会の元メンバーでカジノ王の「アルビン・チャウ」が逮捕 ニセコや宮古島での乗っ取り計画が頓挫する可能性も

したがって、現在、日本で推し進められている移民政策や中国人による不動産や企業の買収といった侵略行為は全て、創価学会の絶大なバックアップによって実行されてきたと言っても過言ではありません。

そして、今や中国マネーに毒された媚中政治家たちや、日本人になりすました李家一族が法律を改悪し、日本国内に乗り込んできた中国人たちに有利な政治を行い、私たち日本人の生活を脅かしています。

○【国民皆保険制度の闇】中国人が中国で子供を産んでも日本が42万円を支給する仕組みになっている 日本の法律は中国人を養うために存在する

そんな彼らは、日中国交正常化50周年を祝い、日本侵略完遂のために躍起になっていますで、日本国民の安全な生活を守るためにも、続けて創価学会や李家の滅びを強力にお祈りしなければなりません。

○【中国人の侵略を主導するニトリ】 室蘭・汐見団地を最低価格の23倍に当たる4億5千万円で落札

○【李家による日本侵略】日本各地の土地が中国共産党の機関紙「人民日報」で大売り出し 「人民日報」の役員が日本のデジタル庁幹部に就任

○【赤い羽根共同募金=中国への寄付=創価案件】YouTuberのヒカルが赤い羽根共同募金に2000万円を寄付し、紺綬褒章を受章

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment