RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【李家の工作員】三合会の元メンバーでカジノ王の「アルビン・チャウ」が逮捕 ニセコや宮古島での乗っ取り計画が頓挫する可能性も

, …

マカオ当局は11月27日、カジノ王と呼ばれるサンシティグループのCEO「周焯華(アルビン・チャウ)」を逮捕したと発表しました。

アルビン・チャウ

アルビン・チャウは、李家の配下にある犯罪組織「三合会」の元メンバーで、同会のリーダー「尹国駒」とも密接なつながりを持っています。

犯罪組織への関与、違法賭博、マネーロンダリングの容疑で裁判を待つ間、アルビン・チャウは勾留されることになりますが、それにより同社の運営も大きく傾く可能性があると指摘されています。

三合会のメンバーらは中国共産党に与し、「一帯一路」を越境犯罪ネットワークの隠れ蓑として利用していたことも判明しています。

アルビン・チャウは、カジノやリゾート開発を通して、中国共産党の侵略工作に加担してきた人物で、北海道のニセコ、沖縄の宮古島でリゾート開発や土地の買収を進めてきました。

○米トランプ政権 犯罪組織「三合会」リーダーに制裁 一帯一路や違法カジノで東南アジアに浸透

したがって、アルビン・チャウの逮捕により、今後こうした日本や東南アジアの買収計画にも大きな影響を及ぼし、計画そのものが頓挫する可能性もなきにしもあらずです。

このように李家が次々と裁かれていますので、彼らが一人残らず滅び去るよう今後も根気強く祈りつづけ、彼らの全ての悪なる計画を阻止しなければなりません。

○岸田内閣が事実上の「移民解禁」 特定技能2号の分野拡大・在留期限をなくす

○【国民皆保険制度の闇】中国人が中国で子供を産んでも日本が42万円を支給する仕組みになっている 日本の法律は中国人を養うために存在する

○【李家による日本乗っ取りが進行】コロナ禍以降、全国の飲食店の1割にあたる4万5000店が閉店

○【李家による日本乗っ取りが進む】コロナ禍の貧困化によりローン返済や家賃の支払いができなくなり、家を手放す人が急増

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment