RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

【湘南ベルマーレ】MFオリベイラ(若干23歳)が「急性うっ血性心不全」で死亡 コロナワクチンの副反応である可能性大

湘南ベルマーレは24日、ブラジル人MFのオリベイラ(23)が急性うっ血性心不全のため、23日に死去したと発表しました。

クラブによると、オリベイラは23日の練習に現れず、心配して彼の自宅を尋ねたスタッフに、倒れているところを発見されたとのことです。

Jリーグの全クラブでは、7月から全選手・全スタッフ・全職員へのコロナワクチンの職域接種を実施しています。

○Jリーグ全クラブが選手らにワクチン接種へ 7月から職域接種制度利用で

中でも湘南ベルマーレは、平塚市から委託を受け、「レモンガススタジアム平塚」で市民への集団接種をも実施しています。

○レモンガスSで集団接種

したがって、オリベイラもコロナワクチンを接種していたことは間違いありません。

しかし、ここ最近、こうしたスポーツ選手の不審死について、コロナワクチンのせいではないかのようにツイートする工作員が続々と出現しています。

おそらく、少人数で複数のアカウントを使い、大量にツイートしているのでしょうが、イルミナティ側としては、世界中のスポーツ選手がコロナワクチン接種によって次々と死亡したり、選手生命を絶たれているという事実を隠蔽したいのでしょう。

○コロナワクチン接種開始以降、世界中のスポーツ選手が次々と死亡、試合中に倒れるなどのトラブルも続出

○【自業自得】試合中に心臓に異常をきたして退場したコロナワクチン推進派のバルサFW・アグエロ選手が現役引退を発表

しかし、Jリーグと野球界で職域接種がすでに実施されているため、今後、オリベイラや中日の木下投手のように次々と心臓を患って死亡する選手が続出するに違いありません。

○Jリーグと日本野球機構が、丁寧な説明と対応でワクチン接種による選手らの殺戮を推進

○コロナワクチン接種後に死亡した中日・木下投手は、やはり心筋炎だった!! 政府がこの事実を2ヶ月間隠蔽し、ワクチン接種を推進した結果、心筋炎を発症する若者が急増

ワクチンによる人口削減に関わった全てのイルミナティ、真実をもみ消そうとする工作員どもが一人残らず滅び去ることを心から祈ります。

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. サッカー、しかもプロサッカーの選手たちといえば、スポーツ界でも最高レベルの身体能力で知られるアスリートであるわけですが、わが国において、そのひとりがこうして23才、若さのピークにありながら孤独死…。
    しかし、わが国ではこの孤独死の報道も、まだまだあまり「拡散」し切ってないようで悲しいです。

    そもそも、わが国における報道の姿勢も「ソンタク」的であり、記事中で紹介のヤフーニュース記事の場合は「23歳での早すぎる別れに…湘南MFオリベイラが心臓発作で死去、伯メディアが報道」として短く報道した程度(「伯メディア」は「ブラジルメディア」のこと)。
    その他のメディア記事においても、「J1湘南MF・オリベイラ死去、23歳 クラブ発表 ブラジルメディアは『心臓発作』と報道」(同じくヤフーニュース記事。元は「中日スポーツ」)、と伝えている状態で、いずれも故郷ブラジルのマス・コミ報道を受け売りする形で、ようやくこの選手が「心臓発作」という尋常でない死因で他界したことを報道するしかない悲しい「報道」姿勢。

    これと別に、こちらは海外の選手ですが、最近、別記事でも「新コロ」偽ワクチンが原因とおぼしきサッカー選手の「故障」(病気・ケガ)が取り上げられたばかりでした。
    記事は、そのアルゼンチン選手の「引退」問題を取り上げたものですが、悲しいことに、その選手の場合は自らが偽「ワクチン」の広告塔となっていたというオチだったわけですね。https://rapt-plusalpha.com/25677/

    私はサッカーと無関係ですが、古い友人や若い友人がアマチュアサッカーの出身、あるいはプロサッカーを目指していたりしたことがあります。
    そのため、サッカー選手、とりわけプロサッカー選手は最高レベルの身体能力を持ったアスリートだという事実は常識的に知っていますが、プロ選手ならスポーツ医学の専門家もついており、何かとアシストしてくれていると思っておりました。

    そんな若いプロのサッカー選手が異常な突然死をした今、もしテレビの報道番組が「調査・報道」したりして、それを全国ネットで放映したら?
    まあ「ソンタク」報道が全盛の今のわが国のことですから、そんな「正直な報道」はさすがの私も期待してないとはいえ(笑)、そうした報道が出たら、明日にでも「新コロ」偽ワクチンとやらの国民的人気(まあそんなシロモノがあるならば)は地に落ちるわけですね。

    それにしても、本記事中の「Jリーグと野球界で職域接種がすでに実施されている」というくだりを改めて読むと、わが国に「Jリーグ」が生まれたばかりの30年ほど前の時代とは隔世の感があるなあと感じます。
    30年近く前、Jリーグが発足した当初のわが国では、まだまだ「Jリーグやサッカー=自由人」であり(?まあ長髪のサッカー選手がフツウだった)、一方それまでわが国の「国民的スポーツ」であった野球は、高校野球もプロ野球も「野球界=奴隷養成所」だみたいな雰囲気でしたね。(笑)

    そのため当時は、まだJリーグやサッカーは、戦後日本のゆがんだスポーツ文化を変えるなどとも言われておりましたし、わが国の子供たちの未来に良い影響を与えるだろうと見られておりました。
    それが今、サッカー界も野球界と並んで「新コロ」偽ワクチンの集団接種に走っているというのは悲しい、というより驚きですね。

    30年近く前のあの当時、日本サッカー界のスーパースターのひとりだった「カズ」(三浦知良)は、今も「現役」プレイヤーとしてがんばっているそう(世界最高齢プレイヤーのひとり)。
    私も、カズにはまだ現役でプレーしてもらいたいと思っている一人ですが、今度のブラジル出身プレイヤーの突然死について、カズや30年近く前、「Jリーグ・ブーム」を支えた往年のスター選手たちはどう考えていることか…

    今ではカズも、他のプロ選手たちと同様、集団接種で偽「ワクチン」を注射されたサッカー選手のひとりなのでしょう。
    今や、カズのような往年のスーパースターが「新コロ」偽ワクチンをJリーグとして集団接種することに「モノ申す」ことさえできない時代になっていたのなら、悲しいかな、現在の「Jリーグ」は30年近く前、わが国を沸騰させたあのJリーグとは似ても似つかぬ別物だと言うしかありません。

    おりしも、別の記事においてですが、オーストリア政府が今、「新コロ」偽ワクチンの「強制化」をめぐって警察・国軍までが反政府陣営に回ってしまう結果となり、政治的混乱に陥っていると伝えられています。
    (先週土曜、11月20日の記事、「【オーストリア】政府が全国民に外出制限を課すも、軍や警察まで政府に反対し、国民と共に大規模デモに参加することを表明」http://rapt-plusalpha.com/25617/)

    その記事によりますと、「政府は、軍と警察が反旗を翻したことにより、パニックに陥っている」とのこと。
    記事中の引用にあったツイッター投稿によれば、これにて「99%(庶民)VS1%(イルミナティ)が現実に」と見て良い状況となりつつあるようですが、欧米にて「新コロ」偽ワクチンの集団接種(と死者続出)が話題・問題となって1年、この間の無数の犠牲をへて西ヨーロッパ人たちが「覚醒」したと見て良いだろうと私も思います。

    私自身はそちらの国に友人もいませんが、おっしゃる通りの状況に陥っていると推察しますし、ありもしない「新コロ」騒動をスタートさせて2年近くになろうという今、いよいよきたるべき「結末」が来てしまったようだと改めて思いますね。
    さらに、「99%(庶民)VS1%(イルミナティ)」というだけでなく、わが国で11年前、元・日本社会党議員であった仙谷由人の発言が物議をかもしたことですが、国家権力の「暴力装置」とやらである軍や警察が国家権力とたもとを分かつ姿勢をとりつつあることが特筆される状況でしょう。

    というのも、「新コロ」問題が始まって以来わが国のツイッターでは良く知られた方ですが、Transporter@retopsnartさんが時々いわれる通り、いつか日本の国でも、今度の世界的「人口削減計画」とやらを推進しているジ・イルミナティ(The Illuminati)と直接、戦わねばならない時が来るという悲壮な決意を語る人たちもいます…
    ただし、古来「兵法」において、自分がそうして戦うより前に、まずは敵同士を「内部抗争」に追いやるのが常識的と言われます。
    そう考えれば、自分で「ジ・イルミナティ」と戦おうとするのはむしろムダなことであり、今度のオーストリア政府の状況に見られるように、同国の「暴力装置」とやらが国家権力と内部対立するように追いやることが正常な「兵法」でもあるわけです。

    元々、今度の世界的「人口削減計画」とやらを発動したジ・イルミナティ(The Illuminati)には、あまりにもズサンなプランニングやら追い詰められたような「暴発」的な作戦などなどが目についたと思います。
    たとえば、「あいつは詐欺師」と悪評が高い元・宮内庁嘱託職員(自称?)の内藤晴輔氏は、今年6月末、ユーチューブに掲載した動画「内藤晴輔 お話会 その②」(これはその後、自ら削除したよう)において、今回の「新コロ」騒動を発動させる前、ロスチャイルド一族の当主は「オール・オア・ナッシング(いちかばちかだ)!」と発言したと伝えておりました(真偽は不明)。

    もしも、その話が事実なら、彼ら「支配層」とやらが諸般の事情によって追い詰められて暴発した結果、始めたのが「新コロ」と偽「ワクチン」騒動だったということになりますが…
    わが国でも昔から言いますが、古来「金持ちケンカせず」という通り、こんな形で「暴発」する「金持ち」は下り坂を突っ走っているのであり、尋常ではない連中ですが、恐らく最初からこんな結末が来ることは不可避だったのでしょう。

    今わが国でも、確かに多数の一般市民が彼らの仕掛けた「新コロ」偽ワクチンの犠牲となっており、その実数すら不明ながら、かなり多数の死者・病人が発生しています(スガーリンの前内閣もキシブンの現内閣もいまだに「完全黙秘」)。
    今度のJリーグのプロサッカー選手のように、有名なアスリートまでが「偽」ワクチンで事実上「薬殺」されてしまったケースも何件もあったわけですが、とはいえ今の時点ではまだわが国の人口「削減」とやらもそれほど急激とはいえない状況でしょう。
    まあ今後、「偽」ワクチンの毒性でドンドン死者が発生する、そんな可能性はなきにしもあらずとしても…

    元々、「ワクチン」というカタカナ名だからといって、ワクチンもしょせんは「クスリ」です。
    クスリである以上、それが「治験」であろうとなかろうと、注射したり飲用などなどして摂取することは常にリスクがあるものですね。

    「クスリ」と呼ばず「ワクチン」と呼ぶ(英語など欧米の言語でもクスリでなく「ヴァクシーン」などなどと呼ぶ)、そのあたりに大きなトリックが隠されているわけでしょうが、しかしながら、そんな「トリック」が世界的に悪用できたのも今回が最後になるような気はします。
    まあ、「ジ・イルミナティ」改め、おバカなジ・イルミナッティ(The Illuminutty)の「イカレポンチ」さんたちにとっての「最後」という意味で…。(笑)

    元はハザール王国から登場したともしないとも言いますが、かつて西ヨーロッパの戦乱で財をなしたとされるロスチャイルド一族が、世界を一周してわが国に到達して約150年だそう…。
    たしかに西ヨーロッパのハクジン民族は、氷河期が終わってから1万年というもの、互いに殺し合うことだけが「歴史」(?)であったわけですし、そんなロスチャイルド一族にとって西ヨーロッパの各民族の王家をカネで操ることは「ちょろいモノ」だったでしょう。
    しかし、極東のわが国も同じ手で完全掌握でき奴隷化できる、と見ていたらしいのは甘い判断だったでしょう。

    いずれにしても、ロスチャイルド一族の「命運」をかけたらしき今度の「新コロ」偽ワクチン計画は、わが国での集団接種「シナリオ」とやらも欧米より半年ほど遅れる結果となりました。
    そのためか、わが国も偽「ワクチン」を上手に市民に集団接種させたわりには、まだまだ「世界同時多発テロ」(?)らしいやり方で、世界で数千万~数十億人の死者を一気に生み出すことには成功しなかった気がします(今後1年ばかりで突如、実現?)。

    最近も報道に出た通り、上の「引退」サッカー選手のみならず、アメリカ大リーグの有名選手(日本人)を含め、「新コロ」偽ワクチンの広告塔になる有名アスリートは後を絶ちませんでした。
    今回、悲しいかな突然死してしまったプロサッカー選手はそんな「広告」効果の犠牲者のひとりであるわけですが、とはいえまだわが国では偽「ワクチン」を回避・拒否し続ける一般国民はかなり多いし、その多くが被害者の解毒援助に参加していたりもしますし、私もそんな人助けに参加しております。

    そういう「やっかいな民族」(?)がユーラシア大陸の極東部(や太平洋の西)にいるのでは、まあロスチャイルド一族も「やりくにい」ことこの上なかったことでしょう。(笑)
    200年ほど前、問題のウィーン市に邸宅をかまえていたオーストリア帝国の宰相メッテルニヒは、自分の邸宅より東側が「アジア」であり遅れた地帯だと語っていたとされますが、あまりわが国のことは知る由もなかったように思います。
    本来は、できるなら彼らも最初から「日本」に来なければ良かったわけですが、まあそうも行かなかったのでしょうね…

    2世紀前の当時、そのメッテルニヒのはからいで男爵位を得たのが、オーストリアのロスチャイルド家(ザーロモン・マイアー・フォン・ロートシルト男爵)だったと言われます。
    メッテルニヒは、政変のためやがて亡命したり帰国したりと数奇な晩年を余儀なくされますが、オーストリアのロスチャイルド一族は同国内での地歩を固めながらこのメッテルニヒへの支援も行ったとされます。

    今回そのウィーンとオーストリアにおいて、ロスチャイルド一族(とジ・イルミナッティ)が仕掛けたとされる「新コロ」と偽「ワクチン」作戦が初めて大きな破綻を見せたわけですが、これは過去200年のロスチャイルド一族史にとっても大きな転換点となったでしょう。
    上の「トカナ」記事によると、ジ・イルミナティもロスチャイルド一族も決して今回の「作戦」(その詳細は当時、不明)で滅亡したりはしないと言われておりましたが、私の個人的な感想ですが、今ではそれも難しいと思いますね。
    「始まりがあるものには終わりがある」と言う通りで、ジ・イルミナティ(イルミナッティ)やロスチャイルド一族の「歴史」にも、今ひとつの終わりが近づいている気はします。

  2. 上のコメントを投稿したところ、最後の部分で「上の『トカナ』記事によると、ジ・イルミナティもロスチャイルド一族も」と述べながら、実際は件の「記事」も紹介・引用しておりませんでした。
    私の手元でテキストの一部をカットしてしまっていましたが、問題の「トカナ」記事は「イルミナティに47年間仕えた元メンバーが内情を全暴露!“三百人委員会”名簿も完全公開、HAARPやエイリアンについても!」(https://tocana.jp/2017/09/post_14285_entry.html)です。

    第三次大戦の計画、プーチン大統領もイルミナティ、などなど今年の話題と同内容のような記事ですが、これは2016~17年、フェイク・ニュース扱いされるなどしていたらしく、元となったらしい英語記事も「削除」されてしまっていたものです。
    今年の「新コロ」偽ワクチンの騒動やロシアなどなどの動向を見ると、上の記事は必ずしも「フェイク」ではなかった気がしますね。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment