RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

創価企業ファイザー社、5歳以上の子供にコロナワクチンを接種できるよう政府に承認申請へ

コロナワクチンを5~11歳の子供にも接種できるよう、米ファイザーが承認申請に向けて日本政府と協議を進めていることが27日、明らかになりました。

申請があれば、厚生労働省は直ちに承認の可否を審査する方針です。

もう既にアメリカでは、一足先に申請が出されており、食品医薬品局の外部有識者委員会によって、接種を支持する方向で話が進んでいるようです。

創価学会の子会社であるファイザーは、もう既にコロナワクチンによって多くの人々を殺戮し、暴利を貪ってきたわけですが、それでも飽き足らず、今度は幼い子供たちにまでワクチンを打って殺戮しようと悪あがきしています。

○コロナワクチンを製造販売するファイザーは、創価学会の子会社だった!! 

○ファイザー社内関係者による内部告発「ファイザーワクチンによって1週間で20万人死亡した」日本でも前年に比べ死者35,000人以上増加の見込み

しかし、この計画はまだ途中段階であり、最終的には生後6ヶ月の赤ちゃんにまで接種させようと計画が進められています。

○【ついに乳児たちも人口削減のターゲットに】河野太郎、生後6ヶ月以上の乳児にもコロナワクチンを接種させる計画を打ち出す

コロナワクチンを接種すれば、不治の病を負い、最悪、死んでしまう可能性もありますので、例え政府が承認したとしても、絶対に子供たちにワクチンを接種させるようなことがあってはいけません。

○ファイザーワクチンの接種者が、耐え難い神経痛、リンパ腫の腫れ、筋力低下、痙攣、失神、下半身麻痺、排尿困難、月経異常などを発症したと訴える

○創価国ブラジルが未成年へのコロナワクチンの接種停止を検討 大統領も接種拒否 ワクチン接種後に32,000人の国民が死亡との情報も

○【VAERSによる報告】アメリカでコロナワクチン接種をした6歳〜17歳の子供たち73人が失明 48人が耳が聞こえなくなる

○ファイザーワクチンを2回接種した16歳のフランスの少女が心臓発作や血栓症で死亡 SNSで接種を後悔する声多数

○コロナワクチンを接種した妊婦の産んだ子供たちが生後48〜72時間以内に肺出血で次々と死亡 死産・流産も多発

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 各市町村で、保存用冷凍庫の電源プラグを抜いたりしていたけれど・・・市役所の職員は、ステワクショットやばい!と思っていても
    抵抗できないんだそうな・・・(上下関係?社会的なんとか?
    なので、電源プラグを抜いたり、異物混入と言ったりして、ステワクショットを市民にさせないようにしていた
    それを、移民党がパヨクのせいにしたり、左のせいにしたりしてきたのが、どうも腑に落ちなくて、李晋三かなと思いました
    岸田さんも怪しいですがね

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment