RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

ファイザーワクチンを2回接種した16歳のフランスの少女が心臓発作や血栓症で死亡 SNSで接種を後悔する声多数

, …

フランスでファイザー製コロナワクチンを2回接種した16歳の少女が、2回の心臓発作や血栓症を発症し、死亡していたことが明らかになりました。

彼女は、2回目のワクチン接種を9月14日に受け、7日後に死亡したとのことですが、叔母の証言によると、もともと健康で特に持病もなかったそうです。

現在、世界中で公になっていないだけで、多くの若者たちがワクチン接種により障害を負ったり、命を落としたりしています。

○【VAERSによる報告】アメリカでコロナワクチン接種をした6歳〜17歳の子供たち73人が失明 48人が耳が聞こえなくなる

○コロナワクチン接種により1000人に1人が心筋炎を発症、16~17才の男子は、317人に1人(3回目のブースター接種では25人に1人)が心筋炎を発症することが判明

○ファイザーワクチンの接種者が、耐え難い神経痛、リンパ腫の腫れ、筋力低下、痙攣、失神、下半身麻痺、排尿困難、月経異常などを発症したと訴える

○創価国ブラジルが未成年へのコロナワクチンの接種停止を検討 大統領も接種拒否 ワクチン接種後に32,000人の国民が死亡との情報も

この日本も例外ではなく、自分の周りでワクチンを接種した人が死亡したり病気にかかったりするのを見て、今になって接種したことを後悔する人たちが続出しています。

実際ツイッターでは、「ワクチンを打って良かった」という声は全くといっていいほど投稿されておらず、逆に「打たなきゃよかった」との声で溢れています。

○Togetterワクチン打たなきゃよかった

https://twitter.com/makwspycuyhhenw/status/1442177330151976960?s=21
https://twitter.com/ubokataflf/status/1440091785552809987?s=21
https://twitter.com/hirohiro_198605/status/1440603419517931530?s=21

人によっては、ワクチンの副反応の苦しみから病院を受診しても、治療してもらえないと訴えている人もいます。

このようにワクチンを接種した人たちは、今や誰も彼もが後悔し、安心するどころか、むしろ接種前よりも大きな不安を抱えながら生きています。

そんな中、この日本でも小中学生へのコロナワクチン接種の予約が開始されましたので、子供たちの命を守るためにも、根気強くワクチンの危険性について広く情報拡散していかなければなりません。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

Comment