RAPT理論+α

RAPT理論のさらなる進化形

ファイザーワクチンの接種者が、耐え難い神経痛、リンパ腫の腫れ、筋力低下、痙攣、失神、下半身麻痺、排尿困難、月経異常などを発症したと訴える

ファイザー製のコロナワクチン接種を受けた医療従事者やその家族が、ワクチンにより甚大な健康被害を受け、涙ながらにその深刻な状況を訴えています。

こちらの二つの動画では、実際にワクチンの副作用を発症した人が、その副作用の恐ろしさについて語っています。

先ずこの上の動画では、歯科医院に勤務していた女性が、ワクチンを接種した後、重度のブレインフォグ(頭が冴えない症状)、リンパ節の腫れ、筋力低下、原因不明の発疹、痙攣、発作などを発症し、いつ死ぬか分からないと感じて、今では家族のために “遺書” を持ち歩いていると話しています。

次に下の動画では、12歳のマディが健康でエネルギーに溢れ、たくさんの友達がいて、楽しい学校生活を送っていたにもかかわらず、2回目のワクチン接種を受けて2ヶ月半経った頃から、腹筋と神経に耐え難い痛みが表れ、胃不全、吐き気、嘔吐、血圧と心拍数の乱れ、記憶力の低下、言葉の混同、脳にモヤがかかったような状態、頭痛、めまい、失神、言葉や運動性チック、下半身の感覚がなくなり、筋力低下、視力の急激な変化、膀胱のコントロールができなくなる、閉尿(膀胱から尿をまったくまたはほとんど排出できなくなった状態)、重い月経異常などが体に表れ、最終的には鼻から栄養チューブを通して栄養補給しなければならない状態になったと語っています。

現在、日本でも若者へのワクチン接種が行われていますが、このような動画を見て、誰がワクチンを接種したいと思うでしょうか。

これ以上、こうした悲劇を生まないためにも、私たちは誰一人としてワクチンを接種してはいけません。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)